離婚でリセットし、冷静さを持って新しいパートナーと向き合うことが大事

ミルク
何か問題が起きているらしい
物事にはけじめというものがあります。つまり、現在の夫との組み合わせが間違いだった、と気づいたなら、その関係を清算することをまずは第一に考え、離婚に向けて努力をする。それが、どんなに困難でつらく苦しいものであっても、先に乗り越えていかなければならないと思うのです。

そして、離婚というカタチで完全にリセットし、心身ともにまっさらになり、冷静さを持って新しいパートナーと改めて向き合う。そこで、やはりこのパートナーは自分にとって本物だとみきわめられたら、新しい関係を築くなり、子を成すなりすればよいと思うのです。

夫との関係をリセットできていない心身ともに弱っている状態のときの判断力は低下していますから、後で冷静さを取り戻したときに、あのときの決断は間違いだった、と気づくことにもなりかねないリスクがあるのです。つまり、離婚して再婚したと思ったら、またすぐ離婚してしまった、ということになる可能性があるというわけです。

もちろん、すべての当事者がそうだということではありません。が、離婚前に妊娠したなら、生まれた子がいったんは前夫の戸籍に入ってしまう現実を受け入れ、無戸籍という事態は断固避けるくらいの覚悟を持った方がよいのではないかと思うのです。人間として親として、結婚にも離婚にも子どもを持つということにも、責任と自覚を持って臨まなければいけないのではないでしょうか?

【関連リンク】
女性だけの再婚禁止期間ってナニよ!
離婚して幸せになるための生活心得
泥沼は最悪の時間浪費!スマート離婚のコツ





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。