第3位 菓匠三全の萩の月(宮城県)

萩の月
萩の月 7個入り1,190円~

「ド定番ですが、似たようなものは数あれど、やっぱりクリームが違う。デパ地下物産コーナーでも入手不可がまたいい!(30代・女性・神奈川県)」

「おいしくてふわふわしているので(30代・女性・東京都)」

「仙台に行ったときに、萩の月をわざわざ買いに遠回りして購入した思い出があり。苦労したこともあってとても美味しかった♪(30代・男性・埼玉県)」

「似たような商品は全国にあるが、やはり萩の月が一番おいしい。物産展などでもない限り、購入できないから(女性・30代・埼玉県)」

「何度食べても美味しい!し、飽きないどころか、毎回めちゃ幸せになります(30代・女性・東京都)」

「一度食べてあまりの美味しさに惚れ込んでしまった(40代・男性・東京都)」

確かに最近は、似たタイプのお菓子が、全国的に多く見受けられるようになりましたが、元祖はコチラでしょう。たっぷりのオリジナルカスタードクリームが、ふんわりとした高級カステラで包まれていています。卵の風味が強く感じられるしっとりとしたカスタードクリームが、他の類似商品とは違い抜群の美味しさです。冷やして食べると、美味しさが引き立つような気がします。チョコクリームをたっぷり包んだ「萩の調」という姉妹商品もあり、宮城県内をメインに福島や山形の一部の店舗でも取り扱っています。

菓匠三全

第2位 赤福の赤福餅(三重県・伊勢)

赤福餅
赤福餅 折箱8個入り700円~。贈答用の木箱入りや銘々で分けやすいようになった銘々箱入りもあります

「定番だけれど、ときどきものすごく食べたくなる(40代・男性・愛知県)」

「関西出身です。 餡が好きではないので普段は食べないのですが、赤福だけは もらうとかならず食べます。 ちなみに余ったら一個づつラップでつつんで冷凍します。 食べるときは自然解凍で。 でもこれを友人に教えても、みんな『赤福は余りません』と言います。 関西にいるときはよくもらったのですが、関東に来てからは全然もらえません(20代・女性・東京都)」

「上品な餡の甘さがたまらないので。類似品はたくさんあるけど、赤福がダントツで美味しいです!(20代・女性・東京都)」

「定番ですが、子どもの頃一度いただいて、あまりの美味しさにすっかりハマりました。こちらではなかなかお目にかかれないのもうれしい理由です(30代・女性・東京都)」

「甘さが強くない(50代・男性・東京都)」

白く柔らかな餅に餡をのせたシンプルなお餅。誕生は何と今から300年前の宝永4年(1707)。おかげ参りで訪れる多くの人をもてなすのに、餅で餡を包む余裕がなかったことから、この形状になったそうです。形も当時とほとんど変わらず、餡の上についた三筋の形は、神宮神域を流れる五十鈴川の清流を、白い餅は川底の石を表わしています。茶屋では、作りたてを番茶とともに味わえ、作り立ての柔らかな餅は特に絶品です。甘さ控えめなので、餡が苦手な人にも支持されているようです。

実は5月頃~10月頃限定で、茶屋では、赤福が入った抹茶味のかき氷「赤福氷」500円が登場!この時期に訪れた際には、ぜひチェックしたいものですね。

赤福

第1位 六花亭のマルセイバターサンド(北海道)

マルセイバターサンド
マルセイバターサンド 単品105円、4個袋入り420円、箱入りは5個550円~

「美味しい! 美味しい! と話には聞いていたのですが、実際にいただいてみて、その美味しさに感動しました。しっとりクッキーに風味豊かなバタークリーム、そしてラム酒漬けのレーズン、この3つの口の中で織り成す味わいといったら、本当にすっごくすっごく美味しいのです。全然パサパサしていなくて、しっとりしているところが格別に美味しいです(20代・女性・福岡県)」

「余りにも濃いい(でもおいしい!!)ので。お土産でもらうくらいしか食べる機会が無いから(男性・30代・千葉県)」

「今はデパート催事なんかで買えるけど、北海道の大学に行ってた弟のお土産にもらってからハマってます(30代・女性・東京都)」

「あの濃厚なクリームが,いつ食べても美味しくリッチな気分にさせられる(20代・女性・神奈川県)」

「レーズンバターがとにかくおいしい(30代・女性・岡山県)」

「類似商品は全国各地に数あれど、北海道の牛乳を使ったコクのあるバタークリームやサブレのさくさく感は、このマルセイにしか出せないと思うのです♪(30代・女性・千葉県)」

「北海道と言えばこれっでしょ! 冷蔵庫で冷やして食べると最高ですよね(20代・女性・京都府)」

「都内近県で手に入るものと一味違っておいしいし、包装紙がステキ(50代・女性・東京都)」

堂々の第1位は、マルセイバターサンドでした。専用小麦粉で作ったビスケットでホワイトチョコレートと北海道産生乳100%のバター、そしてカリフォルニアレーズンを合わせたクリームをサンド。ビスケットのしっとりサクッとした食感と、洋酒の利いたレーズンがたっぷり入った濃厚なバタークリームのハーモニーといったら、たまりません! コクのあるクリームは、本当にマルセイならではですね。レトロなパッケージは、十勝開拓の祖・依田勉三が率いる晩成社が、十勝で最初に作った「マルセイバタ」にちなんで、そのラベルを模したものだそうです。

マルセイバターサンド以外にも、六花亭の商品については、多くのコメントが寄せられました。なかにはこんな地元の口コミ情報も!

「杏仁豆腐が好きです。限られたお店しかなく、しかもいつもあるとは限らない。その上とっても美味しいのです。私史上最高の杏仁豆腐です(30代・女性・北海道)」

これは私も初耳でした。ぜひ北海道に行った際には探してみたいと思います。

六花亭

いかがでしたか? 他にもたくさんの全国のお菓子が挙がっていたので、本当はすべてご紹介したいくらいなのですが、今回はトップ10のご紹介でした。やはり歴史のあるロングセラー商品に多く票が集まりましたが、最近話題の商品、そして東京近郊の商品も意外に多くランキングしていたのに、驚きました。帰省のときの手土産に喜ばれる商品も多かったようです。

今回はご紹介できませんでしたが、お菓子以外の食品についても、興味深い結果になりましたので、いつかこの場でご紹介できたら…と思います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。