これだけの高機能でフリーなSuzukaはすごい!

ここまで概要と簡単な作例を紹介してきましたが、Suzukaはシンボルを登録する前にステージに直接絵を描いたり、テキストを配置したりできない分、インターフェイスが直感的と言いにくい面があります。ただ、このシンボルリストという概念はAdobe Flashのライブラリに似ていますが、より厳格にシンボルの登録からレイヤーに配置という流れが決まっている分、概念を理解できればミスのないスマートな作成ができるかもしれません。

ActionScriptの記述部分に関しては「簡易モード」を搭載し、初心者でも扱いやすいと感じました。今回は詳しく紹介しませんでしたが、通常のスクリプトエディタも検索・構文チェック機能をシンプルに搭載していて、使いやすいものとなっています。

簡単でシンプルなソフトではありませんが、これだけの機能をフリーソフトで実装している点は高く評価できると思います。高機能でフラッシュでやりたいことを実現できる一つの選択肢として「Suzuka」を使ってはみてはいかがでしょうか?


【関連リンク】
Suzuka
窓の杜-【NEWS】タイムラインベースで作成できるフリーのFlash作成ソフト「Suzuka」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。