今、なにをしたの?


キーボードのショートカットキーを使っていると、よく上記のように言われます。

以前の記事「Windowsの操作にマウスはいらない」でも紹介したショートカットキーは、一瞬で動作が行えるので効率があがります。また、マウスで命令するのと比べて速度が非常に速いため、何をしているのかわからなくなるようです。私もショートカットキーが使えないころは「すごい!」と感心していましたが、憶えてしまえば難しいことではありません。

キーボード入力
憶えてしまえば、ショートカットキーは難しいことではない

マウスは初心者にもパソコンを使いやすくする便利な道具ですが、キーボードのショートカットキーもマウスが無い時代にコンピュータを「楽に」使うために編み出されたものです。そのため、憶えてしまえばマウスよりも快適にパソコンを操作できます。また、これ以外にも文字キー以外のTabキーやコントロールキー、ファンクションキーなどに割り当てられた動作を知っていると、さらに快適に使うことができるようになります。

そこで今回はキーボードの便利な使い方を場面別で分け、実際に試しながら学べるように整理しました。解説用のキーボードには、Windowsの機能であるスクリーンキーボードを使います。ほとんどのキーボードと配置は同じなので、これを参考にして自分のキーボードからキーを探して下さいね。

スクリーンキーボード
キーの位置の確認にこの画像を使用します

ちょっと自慢できる入力の技を身につけ、「今、なにをしたの?」と言われてみましょう。

<INDEX>
■ウィンドウを切り替える・移動する
■インターネットをマウスなしで操る
■画面上部のメニューを呼び出す
■ショートカットを「推測」してみよう

まずはウィンドウの「移動」を自在に操りましょう