気動車の形式

カタカナと数字2ケタまたは3ケタの組み合わせで表します。

電車の形式

キハ58
気動車の標記例(キハ58-1524)
(1)動力・運転室の有無
  • キ:ディーゼルエンジンを動力とする車両(運転室の有無は区別しない)
  • キク:エンジンはないが運転室がついている車両
  • キサ:エンジンも運転室もついていない車両

キハ40
気動車の標記例(キハ40-788)
(2)設備(おもなもの)
  • ロ:グリーン車
  • ハ:普通座席車
  • シ:食堂車

(3)数字(3ケタまたは2ケタ)
  • 百の位(3ケタの場合のみ)=機関を表す 1~2:ディーゼル機関
  • 十の位(3ケタの場合)=用途を表す 0~2:通勤型・一般型/5~7:急行型/8:特急型/9:試作型
  • 十の位(2ケタの場合)=用途等を表す 0:機械式または電気式/1:小断面車体/2:標準断面車体/3:通勤型 4:近郊型/5:2個エンジン付き/6・7:大出力エンジン付き 8:特急型/9:試作型
  • 一の位(2ケタの場合のみ)=運転台のタイプ 0~4:両運転台(1車両の両端に運転台があるもの) 5~9:片運転台(1車両の片側にだけ運転台があるもの)

※カタカナと数字の組み合わせ例
  • キハ40:普通座席車(近郊型・両運転台)
  • キハ58:普通座席車(2個エンジン付・片運転台)
  • キハ120:普通座席車(通勤型)
  • キロ282:グリーン車(特急型)
  • キロハ186:グリーン車・普通座席車(特急型)
  • キサロハ182:エンジンのないグリーン車・普通座席車(特急型)


客車の形式

カタカナと数字2ケタの組み合わせで表します。

電車の形式

スハフ14
客車の標記例(スハフ14-505)
(1)重量
  • コ:22.5トン未満
  • ホ:22.5トン以上~27.5トン未満
  • ナ:27.5トン以上~32.5トン未満
  • オ:32.5トン以上~37.5トン未満
  • ス:37.5トン以上~42.5トン未満
  • マ:42.5トン以上~47.5トン未満
  • カ:47.5トン以上

オハネフ25
オハネフ25-150
(2)設備(おもなもの)
  • ロ:グリーン車
  • ハ:普通座席車
  • ロネ:A寝台車
  • ハネ:B寝台車
  • シ:食堂車
  • ニ:荷物車
  • フ:緩急車(車掌室がある車両)

(3)数字(2ケタ)
  • 十の位=タイプを表す 1:軽量客車/2:固定編成客車(寝台特急用車両など)/3~5:一般型客車 6:鋼体化客車/7:戦災復旧車/8:和式客車/9:特殊客車

※カタカナと数字の組み合わせ例
  • オハ14:普通座席車(32.5トン以上~37.5トン未満・軽量客車)
  • スシ24:食堂車(37.5トン以上~42.5トン未満・寝台特急用)
  • カニ24:荷物車(47.5トン以上・寝台特急用)※この車両は電源車とも呼ばれます。
  • マシE26:食堂車(42.5トン以上~47.5トン未満・寝台特急カシオペア用)
  • オハネ15:B寝台車(32.5トン以上~37.5トン未満・軽量客車)
  • オロネ25:A寝台車(32.5トン以上~37.5トン未満・寝台特急用)
  • スハフ42:普通座席緩急車(37.5トン以上~42.5トン未満・一般型客車)
  • オハネフ24:B寝台緩急車(32.5トン以上~37.5トン未満・寝台特急用)




少し専門的な話題でしたが、せっかく鉄道に乗るのですから、列車に乗った時、車体の側面にちらっと目をやってみてくださいね。

[参考文献]

JR電車編成表 各号(ジェー・アール・アール)
JR気動車客車編成表 各号(ジェー・アール・アール)

[関連ガイド記事]

初めての鉄道旅行講座・基礎編~スキー場のリフトに乗るのは鉄道旅行か?

初めての鉄道旅行講座・車両編~私を電車と呼ばないで
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。