知ってますか?10月14日は「鉄道の日」

新橋~横浜間の鉄道が開通したのが、明治5年10月14日(新暦)。これを記念して設けられた「鉄道記念日」が、平成6年からは「鉄道の日」となりました。この鉄道の日前後には鉄道会社などにより、全国各地で様々なイベントなどが催されます。

さて、その「鉄道の日」にちなんだ切符が、JR6社共同で発売になります。その名も「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」。早速、どんな切符なのか、どう使えるのかをご紹介しましょう。

※2007(平成19)年版に対応しました(2007/09/21訂補)

まさしく「青春18きっぷ」の秋季版だ!

この「JR全線乗り放題きっぷ」は、JR全線の普通・快速列車の普通車自由席が乗り降り自由。あれ、これってどこかで聞いた文言ですよね?……そうなんです。切符の内容は、春・夏・冬と年3回発売される「青春18きっぷ」とほぼ同じで、いわばそのすき間をうめる「秋」版ともいえる切符なんです。

 ■発売期間: 平成19年9月28日(金)~平成19年10月14日(日)
 ■利用期間: 平成19年9月29日(土)~平成19年10月14日(日)
 ■発売額 : おとな9,180円/こども4,590円

上記のように発売・利用期間ともに短いこともあり、「青春18きっぷ」と異なる点もいくつかありますが、最大の違いは、3回(人)分で1枚ということで、発売額が9,180円ですから1回あたり3,060円。また、「青春18きっぷ」にはないこども用の設定があり、おとな用の半額となっています。

「青春18きっぷ」に準ずる利用ルール

利用ルールについても「青春18きっぷ」とほぼ同じです。「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」の利用ルールを下記にまとめました。
  1. 1枚で3回(人)まで利用可能。1回(人)分は、乗車船当日に限り有効。
  2. 2人か3人の組み合わせでも利用可能(同一行程に限る)。
  3. JR全線の普通・快速列車の普通車自由席と宮島航路に乗車船可能。
  4. 普通列車の普通車指定席を利用する場合は別に座席指定券を、「ホームライナー」等のライナー列車を利用する場合は乗車整理券又はライナー券を別途購入。
  5. 乗車船日が翌日にまたがる場合は、乗車船した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効。ただし、東京付近及び大阪付近における電車特定区間は、終電車まで有効。
  6. 特急(新幹線含む)・急行列車・グリーン車等に乗車する場合は、特急券・急行券・グリーン券等必要なきっぷのほか、普通乗車券が必要。ただし、普通・快速列車のグリーン車自由席に限り、グリーン券を別途購入すれば乗車可能。
  7. 津軽海峡線木古内~蟹田間及び石勝線新得~新夕張間は、当該区間内相互発着の場合に限り、特急列車の普通車自由席に乗車可能。
  8. JRバスやJR線以外の会社線には利用不可。乗車する場合は、それらに有効な乗車券類が別途必要。
※ガイド記事「青春18きっぷ基本ルール10」もあわせてご覧ください。

払戻しや、列車の運行不能および遅延時等の取扱いについても「青春18きっぷ」と同様ですが、実際に払戻し等を行う際には、必ず駅の窓口などで確認してください。

ところでJR西日本からは、鉄道の日を記念したもう一つの切符が発売されます。

詳しくは次のページへ>>