Bluetooth接続に初挑戦

モバイラーにとっては常識(?)かもしれないBluetoothだが、恥ずかしながら筆者はBluetooth未体験。そこで、PTM-UBT3SとノーブランドBluetoothアダプター(V2.0+EDR対応)を利用して接続に挑戦してみた。

対応機器との接続設定を行うBluetooth設定画面。Bluetooth機器をオンにしてから検索を行い、認証すれば利用できる。Windowsファイアウォールがアラートを出したりと最初は少し煩わしい部分もあるが、一度接続してしまえば全く面倒なく利用できるようになる

「ワイヤレスファイル送信」機能を利用し、デスクトップPCからノートPCにファイルを送信してみた。規格上は最大3Mbpsだが、実際の速度は1Mbps程度だった

最初にインストールしたユーティリティソフトを利用するだけで手軽に設定でき、接続も簡単に行うことができた。ファイル転送の実効速度は規格上も決して高速ではないのでそれほど高くはなかったが、「手軽さ」というのは何よりだろう。

既に活用している人にとっては釈迦に説法かも知れないが、なかなか敷居の高いBluetooth。ヘッドセットやヘッドホン、キーボードやマウスなどの入力デバイスも決して多くはないがラインアップがそろっており、プリンターでもオプションで対応しているモデルは多い。「ワイヤレスで手軽に接続したいなぁ」と思う人には便利だろう。

特にこのPTM-UBT3Sは実売価格2480円程度と安く、何といっても小型なのが魅力。ノートPCをBluetooth対応にしたいと考えている人には是非ともオススメしたいアイテムだ。

■関連情報
・プリンストンテクノロジー
 http://www.princeton.co.jp/
・PTM-UBT3S
 http://www.princeton.co.jp/product/mobile/ptmubt3s.html



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。