時短というより“省手間”が最大のメリット

料理の仕上がりについては、大満足の『電気圧力なべ』ですが、それ以外のことについても、いくつか感じたことがあります。では、使い勝手やお手入れなどを中心に、まとめてお伝えします。

■調理時間は合計時間で考えよう!
これは、ガスコンロで使う“圧力鍋”も同じかと思いますが、レシピ本で、加圧時間が【高圧・5分】でも、料理が5分で仕上がる訳ではありません。

例えば【高圧・5分】の場合...
  • 加圧調理がはじまるまでの時間「立ち上がり」が約10~15分程度
  • フタが開く様になるまでの時間「むらし」約15~25分程度
    必要となり、実際にかかる時間は【合計30~45分】程度かかります。
    写真のタイトル
    調理時間の総トータルイメージ
    「立ち上がり+タイムセット+むらし」
    画像:Nationalサイトより

    そのため、料理によっては結構長い時間かかったかな?と感じる場合もあります。しかし、実際に通電している時間は、前半の15~20分程度ですから、加熱時間は短時間であること・省エネであることは、確かだと言えます。

    ■放置できるのが最大の魅力
    圧力表示ピン
    赤いピンが下がれば調理完了。それまだは、ただひたすら放っておくだけでOK!
    最大のメリットは、ガスコンロで使う“圧力鍋”と違い、鍋に張り付いている必要が無く、とにかく放置できることです。材料を入れてスイッチを押しておけば、焦げることも無く、時間が経てばしっかりおいしい料理が出来上がる訳ですから、これ以上楽なことはありません。メインの1品を、この圧力鍋で仕込んでおけば、かなり夕飯の支度が軽減されると感じます。

    ■保温機能でいつも熱々
    保温機能
    調理終了後は自動で「保温」に切り替わります。上手に利用すれば、時差の食事にも対応可能に。
    調理終了後、自動的に保温に切り替わるのも便利です。取り扱い説明書では、長時間の保温は推奨していませんが、ガイドは、子どもと夕飯を食べてから夫が帰宅するまでの時間、保温機能を使っています。夫が帰って来た時、料理を温め直す必要がなく鍋からよそるだけなのは、思った以上に便利です。家族の食事時間がズレがちなご家庭には、おすすめです。(※保温時間の長さは、あくまで自己責任で決めて下さい!)

    ■内鍋はそのまま冷蔵庫へ!
    内鍋
    残った場合は、内鍋に別のフタをし、そのまま冷蔵庫へ。翌日、煮込みキーで温め直せば再び熱々に。
    この圧力鍋は、内鍋+本体の構造となっています。これがまた扱いやすいポイントと言えます。例えば、煮込み料理をたくさん作ってしまった場合、ガイドは内鍋に適当なフタを乗せて、そのまま冷蔵庫で保存。内鍋は、直火にかけることはできませんが、再び本体にセットして【煮込み・5~10分】加熱。すると、また熱々の状態に復活!レンジで温めるより味がしみ込んで、より美味しく頂けるのも◎です。

    ■内鍋は軽いので洗うのも楽々
    内鍋
    内鍋は軽くて扱いやすく、鍋底も丸いため、お玉でかなりキレイに中身がすくえ、洗うのが楽でした。
    圧力鍋と言うと“重くて洗いにくい”というイメージがあります。これが、圧力鍋を使おうと言う気にならないひとつの原因でもあったガイドにとって、この『電気圧力なべ』は、内鍋が取り外せる上に軽いため、洗う時にとても扱いやすいと感じました。また、鍋底の角が丸いため、鍋の中身がキレイにすくい取れるのも、汚れが落としやすい理由のひとつでしょう。ちょっとしたことですが、うれしいポイントですね。

    *-*-*-*-*

    いかがでしょうか?“圧力鍋”最大の特徴である「時間短縮」以上に、「操作が簡単・手間がかからない・手入れが楽」という点が、『電気圧力なべ』の魅力なのだと、ガイドは実感しています。これは、忙しい人だけでなく、キッチンに長時間立っていると疲れる...と感じだす世代の方にとっても、重宝な一台になるのではないでしょうか?年末年始のお助け【家電】として、自分用だけでなく、お母さん・お姑さんへのプレゼントにすると、喜ばれるかもしれませんよ。

    【関連記事】
    これは便利!安心・安全の“電気圧力なべ”
    【参考サイト】
    電気圧力なべ(マイコンタイプ)SR-P32A(National)
    圧力調理の真実。~電気圧力なべ~ from Nationalサイト