SANYO・米粉パン
米粉のパンが焼ける(SANYO)
ヘルシー調理のスチームオーブン・新鮮保存の冷蔵庫と『食』に関する家電が注目されている昨今、手作りでより安心&ヘルシーな食生活を!というニーズから、ホームベーカリーがじわじわと人気を集めているようです。

そこで今回は、最新のホームベーカリーに注目!選び方から最新機種についてお届けします。まずは、ホームベーカリーの基礎知識と合わせて選び方のPointからスタートします。


Point1.食パンだけじゃない?何ができるかをチェック!

当然パンが焼けるのですが、最近のホームベーカリーはそれだけではありません。食パンだけでなく、いろいろな種類のパンやパン以外のものも作れる機器も登場しています。メーカーによりできることが異なるのでしっかりェックです!では、以下に簡単にまとめてみましょう。

■多種多様な食パンを楽しむ

いろいろな手作りパン
パンといっても実にいろいろ!
(画像:SANYO・National)
食パンも、プレーンタイプとソフトタイプが選択できるほか、レーズンやくるみなどが入った食パンのアレンジが可能。またフランスパン風ができる機器も多く、なかには「デニッシュパン風(National独自)」などもあります。さらに「小麦ゼロの米粉パン(SANYO独自)」が焼ける機器も!小麦粉がダメな人にはうれしい機能ですね。さらに、ちょっと手を加えれば、ロールパンやクロワッサンも作れます。このように、毎日いろいろな風味が楽しめるのが魅力のひとつです。

■パン以外にできるものは?

ホームベーカリーでできるもの
最新の機器は、パン以外にもいろいろなものが作れます
(画像:SANYO・National)
生地をこねる作業が得意なこの機器は「ピザ生地」も得意。さらに「お餅・赤飯(SANYO)」「うどん・パスタ(National)」「焼き芋・アイスクリーム(エムケー精工)」といったパン以外のモノができる機器も登場。プラスアルファがあると楽しさも広がりますね。また「ジャム」ができる機器もたくさんあります。お好みの機能を選びましょう。

■ドライイースト&天然酵母

天然酵母
人気の天然酵母
(写真:ホシノ天然酵母
パン作りで扱いやすいのがドライイーストですが、独特の風味の天然酵母も人気です。最近は、この天然酵母で作れるタイプが主力となりました。ドライイーストコースと天然酵母コース、お好みで使い分けが可能です。

つづきましては、次ページでその他のチェックポイントをみていきましょう!>>