先日、私が目にした資料によると、すでに現在出荷されるDVD機器の約2割(金額ベースでは約4割!)が録画型のDVDレコーダーとのこと。

そして、そのDVDレコーダーとハードディスクレコーダーを合体させたハイブリッドレコーダーは、今AV機器の中でも、ホームシアター機器についで注目の商品と言えるでしょう。
そんな HDD+DVDハイブリッドレコーダー市場の中でも最もホットなモデル、DMR-HS1の後継機種DMR-HS2がいよいよ登場です!

その目玉はなんといっても価格! 従来機種より約3割(65,000円)安い、標準価格135,000円 という価格。
先に登場した、単体DVDレコーダーDMR-E30の価格引下げにも驚きましたが、ここまで下がれば店頭価格が10万円前後まで下がってくるのは確実でしょう。(もっとも、人気が高く品薄となれば多少高くなるかも知れませんが...)
ライバルの東芝RD-X2には機能面(プログレッシブD2出力やiLink入力)でも、価格面でも、大きなアドバンテージを築いたといえるかも知れません。