歴史のまち・天王寺

天王寺公園・通天閣
新世界から徒歩10分ほどにある天王寺公園です。公園内の茶臼山は1615年の大阪夏の陣の主戦場となりました。遠くには通天閣なども見えます
新世界から東側に向かうと、すぐにたどり着くのが天王寺動物園(恵美須町駅より徒歩約5分)。さらに東に向かうと大阪市立美術館(恵美須町駅より徒歩約10分)があって、さらに東に向かうと天王寺駅に到達します。

1.JR環状線(大阪駅まで約11分)
2.JR阪和線(関西空港駅まで約49分)
3.JR大和路線(奈良駅まで約30分)
4.大阪市営地下鉄(なんば駅まで約6分、梅田駅まで約14分)
5.阪堺電車(堺・宿院駅まで約30分)
6.近鉄電車・大阪阿倍野駅(奈良・飛鳥駅まで約40分)

が連結していて、堺、関西空港、奈良、和歌山などへのアクセスが良好なことから「大阪の南玄関口」と呼ばれることもあり、大阪キタ、大阪ミナミに続く第3のターミナルエリアです。

天王寺の中核を担っているのが近鉄百貨店やファッションビルのあべのHoop天王寺ミオ、天王寺駅直結のステーションプラザてんのうじといった商業施設です。天王寺界隈は中・高・大学の密集エリアで、キタやミナミに比べると圧倒的に学生が多く、リーズナブルな店舗が多いのが特徴的です。また宿泊施設も充実していて、天王寺都ホテルアパホテル天王寺駅前天王寺東映ホテルなどが駅周辺に集積しているので、天王寺を拠点に大阪観光というのもオススメです。

大江神社(タイガース神社)
大江神社の狛虎です。熱烈な阪神ファンが優勝祈願に訪れる名所です
観光スポットとしては推古元年(593)に聖徳太子が建立した日本最初の官寺・四天王寺(天王寺駅から徒歩約10分)。天王寺という地名・駅名の由来となった大寺院ですが、じつは四天王寺界隈は、大阪でも有数の宗教施設の集積地です。大阪の小演劇の拠点となっている一心寺シアター「倶楽」を有する一心寺(天王寺駅から徒歩約8分)、大阪夏の陣で徳川家康を追いつめた真田幸村が討ち死にした安居神社(天王寺駅から徒歩約10分)、小説「愛染かつら」のヒントになった愛染堂(勝鬘院)(四天王寺前夕陽ケ丘駅から徒歩約3分)、狛犬ならぬ狛虎がいて阪神ファンが優勝祈願する大江神社、赤穂浪士の墓があることで有名な吉祥寺(四天王寺前夕陽ケ丘駅から徒歩約3分)、演劇、映画、ワークショップなどが開催される應典院(谷町九丁目駅から徒歩約7分)など、約200を越える寺社仏閣が連なっています。創業578年で、四天王寺や法隆寺を作り、「世界最古の会社」として知られる金剛組があるのも、このエリアです。

天王寺七坂・口縄坂
天王寺の口縄坂。真言坂、源聖寺坂、愛染坂、清水坂、天神坂、逢坂と共に天王寺七坂に数えられます。四天王寺界隈は寺社仏閣ばかりで、知られざる大阪の歴史スポットです。癒しの聖地を散策してください
歴史的モニュメントの宝庫で、京都でいえば東山のような位置づけにあるのが、この天王寺エリアなのですが、京都の寺社仏閣よりも遙かに古い文化や歴史を持ち、「大阪にもこんな静かで落ち着いた街並みがあったのか……」と驚くこと間違いなしです。

新世界は、たかだか100年ほどの歴史しか持たない新興都市なのですが、そのすぐ隣には(通天閣から四天王寺まで直線距離にして約1キロ、徒歩約15分ほどです)1400年以上の歴史を持つ天王寺という一大宗教都市がある……こういうギャップが大阪の面白さです。新世界と天王寺。まったく色合いが違うまちですが、ぜひ同時に体験してみてください。大阪観光の醍醐味が味わえますよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。