貯蓄

株は「5月に売って9月に買う」といい?

アメリカ株の相場格言に「5月に売って9月に買う」というものがあります。本記事では、株を「5月に売って9月に買う」と利益につながるかどうか、過去の価格データを集計して調べてみました。

中原 良太

執筆者:中原 良太

エビデンスに基づく資産活用&マネープランガイド

  • Comment Page Icon
アメリカ株の相場格言に「5月に売って9月に買う(Sell in May and go away. But remember to come back in September)」というものがあります。日本でも有名な相場格言ですが、本当に株を5月に売って9月に買うと、利益が出るのでしょうか?

株は「5月に売って9月に買う」といい?

本記事では、株を「5月に売って9月に買う」と利益につながるかどうか、過去の価格データを集計して調べてみました。具体的には、野村アセットマネジメントの上場投信である「NEXT FUNDS 日経225連動型上場投信<1321>」が、5月から9月にかけてどのように値動きしているかを調べてみました。

2004年から2023年までの20年分の価格データを集計した結果、以下の結果が得られました。画像のグラフをご覧ください。
日経平均株価連動型ETFを5月に売って9月に買った場合の累積リターン

日経平均株価連動型ETFを5月に売って9月に買った場合の累積リターン(グラフ:筆者作成)

これは、日経平均株価連動型ETF※の累積リターン(単利)を集計したものです。相場格言に従って「5月に売って9月に買う(順序的には9月に買って5月に売る)」場合と、逆に「5月に買って9月に売る」場合とで、成績の違いを調べました。

※ETFとは上場投資信託のこと

その結果、たしかに「5月に売って9月に買う」と日本株の成績は良かったです。過去20年で累積リターンが約180%あり、1年あたり+9%のリターンがありました。一方、5月から9月までは株価が伸び悩み、株を持っていてもほとんどリターンがありませんでした。

もちろん、これはあくまで経験則に過ぎません。だから、「過去の成績が悪かったから」という理由だけで、株を売るのは動機が弱いです。事実、「5月に売って9月に買う」という経験則は、1950~1990年までの行動成長期~バブル経済期には当てはまりませんでした。景気が良いときは、相場格言を気にせずに株を持ち続けたほうが利益が出たので、気にしすぎないほうがよいでしょう。

◆  ◆  ◆

もともと「株を5月に売って9月に買う」という相場格言はアメリカのものでした。海外の相場格言が日本株にも通用することはよくあり、これもその1つだったと言えるでしょう。

少なくとも、この格言は1990年以降のバブル崩壊以降は有効でした。景気に陰りが見えていたり、株を売って守りを固めたりしたいときなど、この格言を参考にすると、良いタイミングで株を売り抜けられるかもしれません。
 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/6/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます