家計簿・家計管理

Q.貯蓄や投資の習慣はついたので「お金を使う力」をつけたい

お金や家庭に関するお悩みに専門家がお答えします。今回は、貯蓄や投資の習慣がついたが「お金をうまく使えない」と悩んでいる男性からの相談です。

西山 美紀

執筆者:西山 美紀

貯蓄ガイド

  • Comment Page Icon
お金や家庭に関するお悩みに専門家がお答えします。今回は、貯蓄や投資の習慣がついたが「お金をうまく使えない」と悩んでいる男性からの相談です。

Q. 貯蓄や投資の習慣はついたので「お金を使う力」をつけたい

メーカー勤務の36歳男性(ユウトさん 仮名)。「世帯年収800万円の共働き夫婦で、今度子どもが生まれます。貯蓄や投資の習慣が身につき、800万円の預貯金と1500万円の投資信託があります。しかしお金を使おうと思っても、もったいなくて使えません。いつか使う日は来ると思うのですが、このままなかなか使えないかもしれません。“お金を使う力”をつけたいです」とお悩みです。
貯蓄や投資をがんばる人ほど、「お金の使い方」がわからなくなりがちです。

貯蓄や投資をがんばる人ほど、「お金の使い方」がわからなくなりがちなんです。

A. 「お金を堂々と使う」ためにはライフプランが大事

ユウトさんのように、貯蓄をがんばればがんばるほど、それを減らすのがもったいないと感じて「お金を使えない」と悩む方は、よくいらっしゃいます。
 
それだけ、貯蓄や投資に真摯に向き合ってきた証拠でもありますね。
 
でも、そもそもお金を増やそうと思ったのは、なぜでしょうか?

きっと、「お金を使うため」だったはず。
 
いつの間にか目的を見失い、進む方向性を間違えてしまってはもったいないこと。いま一度、進む方向を考えてみましょう。では、具体的にどうしたらよいのかをお伝えしていきますね!

「お金があったらやりたいこと」を思い出してみよう

お金があったら、やりたいことはありますか?

今の貯蓄額とは関係なく、もし「自由に使えるお金があったら」と想定して考えてみましょう。

10万円あったら? 100万円あったら? 1000万円あったら? 1億円あったら? 

そうやって考えてみると、「そういえば、車を買い替えたいと思っていた」「趣味に没頭したかった」「生まれてくる子どもがのぞめば、いろいろな習い事をさせてあげたい。私立の学校にも行かせてあげたい」「理想の家を買いたい」……。

といった具合に、さまざまな目標がだんだんクリアに見えてくるでしょう。

ご夫婦で一緒に考えてみることもおすすめです。

「キャッシュフロー表」をつくると、よりイメージがわく

お金があったらやりたいことが具体的に見えてきたら、ぜひトライしてほしいのが「キャッシュフロー表」をつくることです。

キャッシュフロー表とは、今後の人生でのお金の動き(収支)を確認していく一覧表です。
 
現在の年齢から90歳や100歳までの間に、1年ごとにどれくらいの収入でどんな支出があり、どれくらい貯まりそうかを書き込みながら、先ほどの「お金があったらやりたいこと」を記入していくのです。

それだけ聞くと面倒だと思うかもしれませんが、 例えば日本FP協会のHPにある「将来の収支が予想できる 家計のキャッシュフロー表」というツールを使うのもおすすめ。エクセルでダウンロードできます。

家族がいる方は、自分の年齢とともに家族の年齢も入れると「あと何年したら子どもが入学だな」「この時期は受験でお金がかかりそうだ」といったことも可視化されます。
 
1年ごとの貯蓄残高目安がわかるので、「ここでは使っていいな」「ここはもっと貯めておきたいな」と、より具体的にイメージができて、お金を使うべきところでは使えるようになるのではないでしょうか。

「心理的な問題」のクリアには、支出のセルフジャッジを

さらに、ユウトさんがクリアしたいのは、「せっかく貯めたお金を、ムダ遣いで失いたくない」という想いではないでしょうか?

貯めたお金は、できるだけ有効活用したいですよね。自分のムダ遣い傾向に気づくために、「支出のセルフチェック」がおすすめです。
 
ここ1~2カ月で買った3000円以上のものをリストアップして、「〇」「△」「×」をつけてセルフジャッジをしてみてください。
 
「〇」は満足感のあったもの、よかったなと思える買い物。「×」は、買わなくてよかったもの、失敗したもの、不要だったもの。「△」は、どちらとも言えないものです。
 
このうち「〇」の買い物は、自分にとって幸せなお金の使い方ですね。まずは「〇」の買い物をじっくり見て、なぜうまくいったのか、買ったときの心理状態、どういうところが自分にとってよかったのかを振り返りましょう。そういったお金の使い方なら、自分にとって価値の高いお金の使い方になります。
 
そして、「×」についても考えましょう。なぜその買い物をしてしまったのか、買ったときの心理状態、次回は防げそうかと考えてみます。この作業で、ムダ遣いがどんどん減るはずです!

「お金がうまく使えない」と思うのは、貯めてきたからこそ!

「お金がうまく使えない」というのは、お金をしっかり貯めてきたからこそ出てくるお悩みです。ぜひ、これまでの成果に自信をもってくださいね。

キャッシュフロー表をつくってご家族の人生を俯瞰してみて、お金を使うべきところで上手に使えるようになりますように。家族みんなの満足感がどんどん高まると思います。
 
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます