男のこだわりグッズ

空スペースを“磁石×ホッチキス”で有効活用する新発想! コクヨ「壁につけるマグネット」の開発秘話(4ページ目)

コクヨの「壁につけるマグネット」は、空いている壁を簡単にマグネットボードにしてしまうアイテムです。しかも、壁にスチール板を直接貼り付けない工夫がされていて、壁を傷つけにくいのです。気軽に楽しく、世間的に言うところの「壁活」が楽しめるアイデアの秘密を、コクヨの開発担当スタッフに伺いました。

納富 廉邦

執筆者:納富 廉邦

男のこだわりグッズガイド

壁への負担を最小限にすることを重視した設計

丸形の透明シートをホッチキスで固定したところ

丸形のマグネットを1個貼るためのベースも用意されている。ひとつの透明シートをホッチキスで4カ所留めて固定する

もちろん、ホッチキスで固定しているだけなので、設置した後で取り外しても、壁へのダメージはほとんどありません。ただ、一度外してしまうと、その補助板は透明シートとともに使えなくなるので、別売の板を購入する必要はあります。板だけでも販売されているので、そこは安心してください。

また、専用ホッチキスはアタッチメントを外せば普通のホッチキスとして利用可能です。ホッチキスはもう少し大きい方が使いやすいような気もしたのですが、河井さんによると、今回のコンセプトや仕様条件では、適切な大きさと判断したとのことでした。

「壁に粘着テープで直に貼るのではなく、透明シートをホッチキスで壁に固定して、その上に粘着テープでスチール板を貼るというのが特徴的な製品だと考えています。直接貼ると、粘着剤を工夫していても、やっぱり壁に残ったり壁紙が破れたりする可能性があるので、それは避けたいと考えました。あと、壁紙の凹凸などにも影響を受けにくいと思います」と河井さん。
完全紙製パッケージ

パッケージは、環境配慮の観点もあり、内部のしきりなども含めて紙製になっている。収納の仕方も見事なので捨てる前にちょっと見てほしい

基本的には空いている壁にマグネットが使えるようにするというだけのシンプルな製品なのですが、マグネットが貼り付けられるというだけで、その用途はとても幅広いものになります。それこそ、ポストカードや絵、アクセサリーやチャームといった装飾的な用途から、推し活、メモボードといった日常生活支援的な用途、さらには、在宅ワーク時の資料やプリントを留めておくためのスペースなど、ビジネスからプライベートまで使えるのです。

開発にあたってのリサーチでも、ガッツリと重いものを付けたいという人は、しっかりした棚やフックを付けるからか、それほどいなかったのだそうです。ただ、マグネットが弱いという声もあったそうで、そのあたりの調整は今後の商品展開に生かされるのかもしれません。個人的には、どんどん貼り付けるものを変えていけるマグネットの気軽さが、この製品の身上ではないかと思っています。
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます