人間関係

【地雷ワード】夫よ、「みんな」って誰?「ちゃんと」って何?妻が傷ついた無意識のひと言

妻はなぜ夫の一言で傷つき、キレるのか? 普段の会話の中で夫から無意識に放たれる言葉の中には、妻たちの怒りを買ってしまうものが多く潜んでいます。夫婦問題研究家・岡野あつこさんが、そんな夫婦の「地雷ワード」についてアドバイス。

執筆者:All About 編集部

夫はなぜ、妻の地雷を踏んでしまうのでしょうか? そしてなぜ、それに気づくことなく何度も繰り返すのでしょうか?

日常会話に潜む「地雷ワード」の中から、子育て中の夫婦に起こりやすい例をピックアップ。夫はどう言い換えるべきなのか、夫婦問題研究家・岡野あつこさんのアドバイスとともにご紹介します。
 

【地雷ワード】ほかのお母さんはみんな「ちゃんと」やってるよ!

あなたは誰の何と比較している? 出典:『無自覚な夫のための妻の地雷ワード事典』

あなたは誰の何と比較している? 出典:『無自覚な夫のための妻の地雷ワード事典

うっかり忘れ物をしたり、忙しくて家事が回せていなかったり、日常で些細なミスがあったときに夫が言いがちなのがこのひと言。
 
ほかの家庭の事情など知るはずもないのに、「みんなはやっている」と自分の意見を一般論にしているのがずるいところ。誰かと比べるようなワードにはセンシティブになりますし、まるで自分が平均点以下の人間であるような表現に傷つきます。「ちゃんと」という言葉もあいまいです。
 
この場面で、妻は夫の言葉にこう言い返したいと思っています。
 

【妻たちから夫へのひと言】ほかの旦那さんは“ちゃんと”育児してるけど?

自分の小さな失敗を反省する気持ちより、夫に投げかけられた心無い言葉によって、「じゃあ、その“ほかのだれか”と結婚すればよかったね?」と感情的になってしまいがち。
 
「そういうあなたは、ほかのみんなと比べて家事や育児に協力できているのですか?」と返したくなります。
 

【言い換えワード】オレにもできることがあれば言ってね

育児や家事で疲れ切っている状態の妻は余裕がなく、うっかり忘れたりミスをしたりということがときどき起こります。そんなときは、まず日々の妻のがんばりをねぎらい、妻に負担をかけているかもしれないと考えてみましょう。

自分が代わりにやろうか?という提案ができると、妻の側も素直に反省する気持ちにもなるものです。


監修:岡野あつこさん
夫婦問題研究家、公認心理師、社会デザイン学MBA。目白短期大学非常勤講師。1991年の離婚相談室設立以来、相談件数4万件以上の夫婦カウンセリングのパイオニア。NPO日本家族問題相談連盟理事長。『ある日突然妻がいなくなった』(ベストブック)、『無自覚な夫のための妻の地雷ワード事典』(日本文芸社)ほか。メディア出演多数、YouTube チャンネル「岡野あつこ チャンネル」運営。All About「離婚」ガイド。


【関連記事】  
  • 1
  • 2
  • 次のページへ

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます