中国・四国・九州の水族館?タイプ別BEST5

中国・四国・九州では、特に九州エリアを中心に大きな水族館が目白押しです。ここでは、魚たちの展示を心ゆくまで楽しめる「ゆっくり観賞タイプ」と、ショー・ふれあいなどが充実している「ショー演出タイプ」に分けて、それぞれのBEST5、つまり合計10の水族館を紹介します。

ゆっくり観賞タイプBEST5

ではまず、じっくり魚を観賞したい5つの水族館を紹介しましょう。ジンベエザメが見られる3つの水族館のうち、2つが九州・沖縄エリアにあるんですよ。

沖縄美ら海水族館(沖縄県)
沖縄美ら海水族館
3匹のジンベエザメが泳ぐ様子は圧巻のひとこと
写真提供:海洋博公園・沖縄美ら海水族館
まずはジンベエザメとマンタです。世界最大級の大水槽「黒潮の海」を泳ぐ3匹のジンベエザメと5匹のマンタ。この複数展示は世界唯一で、どちらも長期飼育記録の世界一を更新中なのです。これだけでも見る価値十分ですが「深層の海」「サンゴの海」「熱帯魚の海」など、ほかにも見どころは満載。

また、水槽解説・給餌解説や、ハイビジョン映像の「美ら海シアター」などのプログラムも充実しています。特に、ジンベエザメがいる水槽を上から見られる「黒潮探検(水上観覧コース)」は大人気。館外の海洋博公園には「オキちゃん劇場」「イルカラグーン」もあり、ショーやふれあいも楽しめますよ。

【沖縄美ら海水族館】
住所:国頭郡本部町字石川424
TEL:0980-48-3740
料金:入館券 大人1800円、高校生1200円、小・中学生600円
営業時間:8:30~20:00(10~2月は~18:30)
定休日:12月の第1水曜と翌日
アクセス:名護バスターミナルからバスで約60分/沖縄道許田ICから約25km

いおワールド かごしま水族館(鹿児島県)
いおワールド かごしま水族館
世界最大の魚・ジンベエザメが雄大に泳いでいます
九州には、もう1ヵ所ジンベエザメを見られる水族館があります。それが、桜島を目前に望める素敵なロケーションの「いおワールド」。ジンベエザメやエイ、カツオ、マグロが泳ぐ「黒潮大水槽」が一番の見どころで、ほかに「サンゴ礁水槽」「かごしまの海」「ピラルクー水槽」などが揃っています。「いるかの時間」「ラッコの時間」「電気ウナギの放電を見よう!」といったイベントも楽しみのひとつです。

【いおワールド かごしま水族館】
住所:鹿児島市本港新町3-1
TEL:099-226-2233
料金:入館券 大人1500円、小・中学生750円、4歳以上幼児350円
営業時間:9:30~18:30(GW・夏休みなどは延長あり)
定休日:12月の第1月曜から4日間
アクセス:JR日豊本線鹿児島駅から徒歩約15分/九州道鹿児島北ICから約7km

海きらら(長崎県)
海きらら
バンドウイルカとハナゴンドウが泳ぐイルカプール
海きらら
「クラゲシンフォニードーム」です
2009年7月にオープンした九十九島水族館「海きらら」。日本では珍しいアウトドアタイプの「九十九島湾大水槽」や、国内最大級の「クラゲシンフォニードーム」、イルカと心ふれあう「九十九島イルカプール」といった魅力的な展示がいっぱいです。餌をあげながら解説してくれる「パクパクウォッチング」や「イルカのプログラム」などのイベントも実施しています。

【海きらら】
住所:長崎県佐世保市鹿子前町1008
TEL:0956-28-4187
料金:入館券 大人1400円、4歳~中学生700円
営業時間:9:00~18:00(11~2月は~17:00)
定休日:無休
アクセス:JR佐世保線佐世保駅からバスで約25分/西九州道佐世保みなとICから約6km

しまね海洋館アクアス(島根県)
しまね海洋館アクアス
「ペンギン館」には4種のペンギンがいます
某CMで上戸彩さんのおじ様役で出演したシロイルカがいることで知られる水族館です(ただ、出産のため、2009年7月よりしばらくシロイルカは見られません……残念)。オウサマペンギン、ジェンツーペンギン、イワトビペンギン、フンボルトペンギンが暮らす「ペンギン館」や「アシカ・アザラシプール」、エイやサメがいる「神話の海」などがあります。
新屋島水族館(香川県)
新屋島水族館
日本にいる6頭のアメリカマナティのうち2頭がここにいます
「ふれあい」を大切にした、ほのぼの水族館です。人気者のアメリカマナティをはじめ、ゼニガタアザラシ、クラゲ水槽、タッチプールと見どころは多数。イルカライブとアシカライブを毎日開催しているほか、「イルカふれあいプール」にはイルカ観察用の透明ボートもありますよ。