家計簿・家計管理

40代・子育て世代が一番やるべきお金の準備とは?

子どもがいる場合、教育費の準備はとても大切です。特に高校卒業後の教育費は多額になるため、40代からは教育費の貯蓄を少しでも増やすようにしていきましょう。

二宮 清子

執筆者:二宮 清子

家計簿・家計管理ガイド

  • Comment Page Icon

“教育費の準備”だけはやっておきたい!

40~50代にかけて子どもが高校卒業し、進学するご家庭が多くなります。文部科学省の令和4年「学校基本調査」によると、大学や短大、専門学校と、高校卒業後の進学率は約8割と非常に高くなっています。

特に高校卒業後の教育費は多額になるため、進学を前提に教育費をしっかり貯めておかないと家計は火の車に!

教育費を貯めていないと、初年度の入学金以外で以下のような支出が数年続き、家計はとても苦しくなります。

●学費:前期30万~50万円、後期30万~50万円
●仕送り:毎月10万円

学資保険で100万~200万円を貯めているご家庭は多いと思いますが、できればもう一息! 300万円あれば国立大学4年間の学費、450万円あれば私立文系4年間の学費が準備できます。仕送りが必要な場合は合計1000万円を覚悟しなければいけませんが、最低限、親が学費を準備できれば、仕送り等の生活費に関しては本人のアルバイトや奨学金でカバーできます。

では教育費の貯蓄額をアップするために、できれば早めに見直しておきたいポイントを2つお伝えします。

 
40代・子育て世代は教育費を貯めることが最優先!

40代・子育て世代はまず教育費を貯めることが重要!

 

1. 世帯収入をアップ!

子どもの教育費を準備するためにも、世帯収入を増やす努力をしておきましょう。できればパートではなく、夫婦共に正社員であれば最強です。夫婦でボーナスが支給されれば、子どもの大学進学が続いてもなんとかカバーできます。

 

2. 生活費をスリム化する

高校卒業後の進学時、家計が苦しくなるのは想定できるからこそ、生活費のスリム化を図っておくことが大切です。

車やマイホームにお金をかけ過ぎて、教育費が準備できないなんてことが起きると大変です。この時期に、車や住宅ローンの返済は繰り上げ返済等でできる限り軽くしておきましょう。

他にも、携帯料金や水道光熱費のプラン見直しはとても効果的です。また、このように節約をする姿を子どもに見せることで、子ども自身が一人暮らしを始めた時に“生きたお金の知恵”として役に立ちます。

収入が増えてくる人も多い40代だからこそ、駆け足で教育費の準備をしていきましょう。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/6/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます