人生を豊かにする「人間関係の最適化」

人生を豊かにする「人間関係の最適化」とは?

プライベートでも、ビジネスにおいても、「人脈が広い」と役立つことはあります。しかし、あなたが「自分の時間を有意義に使いたい」と思っている場合、必ずしもたくさんの友達や知人がいればいいというわけではありません。真に「人生を豊かにするための人間関係」とは、どういうものでしょうか?
 

もしかしたら「時間と労力が消耗するだけの関係」の場合も……

異業種交流会に参加して“知り合い”を作ったとしても、次につながる人は、1人か2人いればいいほうですし、どちらかが転職や異動をしたら、疎遠になることは多いものです。

たとえつながったとしても、たった1~2回飲みに行ったくらいでは、本当の友達になることは少ないでしょう。一時期は頻繁に会うような間柄でも、会わない期間が長く続くと、関係は疎遠になっていくものです。

つまり、きちんとした人間関係を築き、維持するためには、それなりの時間と労力が必要ということです。そして、それは「自分の時間」を削って費やす必要があります。忙しい現代人にとって、一緒にいてそこまで楽しいと思えない相手に対して、時間と労力を費やすのは厳しいはず。だから、知り合いが多ければ多いほどいい、というわけではありません。

「人との会話を通して、自分の知識を広げたい」という人はいます。もちろん、一緒に飲みに行って「情報交換」することで、普段知ることのない情報に触れ、プラスになることもあるでしょう。ただし、四六時中、そういうことに時間と労力を費やしていたら、心休まるプライベートの時間が減ってしまうので、限度は必要です。

もし本当に自己を高めたいのであれば、浅い付き合いの相手とダラダラとお酒を酌み交わすよりも、その時間で本を1冊読む(読書という行為を通して著者と対話する)ほうが、有意義なこともありますしね。
 

心を許せる相手はいる?

人生を豊かにする人間関係とは、「無理をしなくても、気が合ったり、本当の意味で心を許せたりする相手との付き合い」ではないでしょうか。そのような関係性の相手なら、「人として好き」という感情が自然と沸いてくるもの。それは、単に「付き合っていたらメリットがある」といった下心とはかけ離れたところにあるはずです。

人とうまく付き合っていける人でも、実は「気が合う相手」が多くいるというわけではありません。そういう人は「相手に合わせるのが上手」というだけなのです。その場では楽しく過ごしていても、家に帰ると疲れてしまったり、会話の内容すら忘れていたりすることも少なくありません。

もしあなたに友達が少ないのだとしても、コンプレックスを抱く必要はありません。それよりも、本当の意味で心を許せる相手が1人か2人いれば、十分なのです。

無理に“仲良しごっこ”をしても、長くは続きません。会う頻度が増え、お互いに甘えが出てきたときに、相手との価値観の不一致が許せなくなり、喧嘩をして疎遠になるパターンは意外と多いもの。元々、気が合っているわけではない者同士の場合は、距離が近くなりすぎると喧嘩やすれ違いに発展しやすいですしね。
 

“外”にばかり目を向けず、身内のことも大切に!

外の人間関係にばかり気持ちを向けて、自分の家族との時間をおろそかにしてしまう人は、意外といます。でも、一番大事にしなくてはいけないのは、家族ではないでしょうか。それは、結婚して自分が作った家族だけでなく、親兄弟に対しても、です。

「いつも顔を合わせているから」「いつでも会えるから」といっても、月日と共に人は変わっていくので、いつまでも同じような時間が過ごせるとは限りません。まずは身近な人との人間関係を良好にすることが大切。それが“自分の基盤”になることも多いですしね。
 

人間関係は、多ければいいわけではない

「もっと!もっと!」と新たな人間関係を追い求め、さらに「友達は多ければ多いほどいい」という考えから、人脈を広げることがいいことだと思いがちな人は多いです。

でも、本当に大事な人間関係は「10年後も20年後も続けたいと思うような相手との関係」のはず。そういう相手との時間を大切にして、ずっとその関係を育てていきたいものですね。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。