老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、亡くなった人の老齢年金がいつまで支給されるのかについてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:亡くなった家族の年金は、いつまで支給されますか?

「高齢の家族が10月15日になくなりました。老齢年金は、いつまで支給されるのでしょうか? 最後の年金はいつ振り込まれますか? 家族がもらってもいいのですか?」(匿名希望)
 
年金をもらっていた人が亡くなったら

年金をもらっていた人が亡くなったら

 

A:年金の支払いは、亡くなった月分までになります

年金をもらっていた人が亡くなったときは、年金受給を止める手続きをする必要があります。年金は後払いですので、年金受給者が死亡後、本人が受け取れない年金が発生することになります。10月15日に亡くなった場合は、12月15日に、10月の1カ月分の年金が支払われることになります。

しかし死亡後に、時間がたち本人の銀行口座が閉鎖されてしまうと、年金は銀行口座から国に戻ってきてしまうこともあります。

このような年金を「未支給年金」(もらい残しの年金)といいます。年金受給者が死亡したときは、未支給年金を受け取る手続きも行います。例えば、死亡した月分の年金と死亡した翌月以降の分も振込みされた場合、死亡した月の分まで受け取る権利があります。

手続き方法は、亡くなった人と生計を同じくしていた遺族(配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、その他3親等内の親族)が、「未支給年金・未支払給付金請求書および受給権者死亡届(報告書)」に、次の書類を添付して、年金事務所または街角の年金相談センターに提出します。未支給年金を受け取れる人には優先順位があり、配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹、その他3親等内の親族の順です。

添付書類は次のとおりです。
【1】亡くなった人の年金証書
【2】亡くなった人と請求する方の続柄が確認できる書類(戸籍謄本または法定相続情報一覧図の写し等)
【3】死亡した年金受給権者の住民票(除票)
【4】請求者の世帯全員の住民票等
【5】受け取りを希望する金融機関の通帳

もし年金受給資格があるにもかかわらず、老齢基礎年金等の請求をせずに死亡した場合には、遺族が未支給年金の請求とあわせて該当する年金の請求手続きをすることによって、代わりに受け取ることができる可能性がありますので、問い合わせてみましょう。


※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
年金をもらっていた方が亡くなったときはどうする? 未支給年金って何?
「未支給年金」の存在をご存知ですか?
 

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。