老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、60歳過ぎてから、年金を満額に近づける方法についてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:60歳過ぎてから年金保険料を納めても、満額の国民年金をもらえないんですか?

「60歳過ぎてから年金保険料を納めても、将来、国民年金を満額もらえないんですか? 満額もらえる480カ月を支払うには、あと15カ月ほど足りません。現在、62歳で厚生年金に加入してます」(相談者)
 

 A:60歳以降、厚生年金保険料を支払うことで将来「経過的加算」を受け取ることができ、もらえる年金を増やすことができます

老齢基礎年金は、20歳から60歳になるまでの40年間、未納期間が全くなく、全期間保険料を納めると、65歳から78万900円(令和3年度の満額の年金額)を受け取ることができます。

相談者のように、40年の納付済期間がないために、老齢基礎年金を満額受け取ることができない人は、60歳以降65歳未満まで、国民年金に任意加入をすることで、年金を満額に近づけることができる制度があります。この任意加入制度を利用できる人には要件があり、相談者のように、60歳以降も企業等で働いて厚生年金保険に加入していると、国民年金保険の任意加入制度を利用することはできません。

ただし、60歳以降、厚生年金保険料を支払うと「経過的加算」として将来もらう厚生年金に基礎年金相当額が加算されることになります。足りない15カ月分を補うために厚生年金にあと何カ月加入すればいいのかは、年金事務所で試算してもらいましょう。

※年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。