老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、加給年金の支給についてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:62歳の妻が社会保険に入ると、夫の加給年金は支給停止されるの?

「現在、私は61歳。主人は66歳で退職して年金をもらっています。私が年下なので夫には加給年金がありますが、1年後、62歳になったら、パート先の社会保険に加入しなくてはならず、厚生年金保険料をパートを辞める年齢まで支払う予定です。夫はそのまま加給年金を支給されますか?」(ムクちゃん)
 
パートで厚生年金に加入すると、夫の加給年金は支給停止になってしまう?

パート先で厚生年金に加入すると、夫の加給年金は支給停止になってしまう?

 

A:妻の厚生年金の加入期間が20年以上になり、老齢厚生年金を受け取れるようにならなければ、配偶者加給年金額は支給停止となりません

配偶者加給年金額の対象となる配偶者は、夫(厚生年金加入者)が、配偶者加給年金額が上乗せされる資格を得た時(65歳到達時)に、生計を維持されている65歳未満の配偶者(妻)であるということがあります。そのため、相談者(妻)が65歳に達すると、夫の配偶者加給年金額は支給停止になります。

その他にも配偶者加給年金額が支給停止となる条件があり、配偶者(妻)が、老齢厚生年金(被保険者期間が20年以上)、または障害年金を受給できる間は、配偶者加給年金額は支給停止されます。

相談者(妻)が今まで厚生年金の加入期間がない場合は、62歳からパートの社会保険に加入して厚生年金に加入しても、夫の配偶者加給年金額は支給停止になりません。もし、相談者の厚生年金の加入期間がすでに18年、19年などある場合は注意してください。相談文にあるように62歳になってから厚生年金に加入することで厚生年金加入期間が合計20年以上となり、かつ、相談者が65歳前に老齢厚生年金を受け取る場合は、夫が受け取っている配偶者加給年金額は支給停止になります。

※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
65歳以降に、従業員数501人以上のパート先で働いたら年金はカットされますか?
夫が仕事を退職し年金受給者となります。パート主婦は扶養に入れなくなる?
年金を67歳から受け取ったら、繰り下げでいくら増える?

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。