老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、67歳に繰り下げ受給した場合の年金額についてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:67歳に年金受給を繰り下げた場合、もらえる年金はいくらになる?

「65歳から受給開始するはずの年金を67歳から受け取ったら、繰り下げでいくら増えますか? 私の年金は、厚生年金と国民年金あわせて月16万円程度です」(59歳・男性)
 
年金の繰り下げを2年したらどうなる?

年金を2年繰り下げたらどうなる?

 

A:年金額は16.8%増え、月18万6880円がもらえます

老齢年金は、65歳で請求せずに繰り下げて請求することができます。繰り下げには、老齢基礎年金の繰り下げと老齢厚生年金の繰り下げがあります。

2021年(令和3年)の現制度では、年金の受け取り開始を最長70歳まで選択できますが、2022年(令和4年)4月から最長75歳に引き上げられます。繰り下げると1カ月あたりプラス0.7%(令和4年4月以降、最大プラス84%)となり、増えた年金は一生涯受け取れます。

最長75歳まで繰り下げることができる人とは、2022年(令和4年)4月1日以降に70歳に到達する人(昭和27年4月2日以降に生まれた方)です。月額16万円の年金を受け取れる相談者が、67歳まで2年間(24カ月)受給開始を遅らせると、どれくらい増えるか計算してみます。

1カ月あたりプラス0.7%(増額率=(65歳到達月から繰り下げ申出月の前月までの月数)×0.007)となりますので、24カ月遅らせると、24カ月×0.007=0.168(16.8%)増えることになります。

よって16万円×(1+0.168)=月額18万6880円を一生涯受け取れます。老齢基礎年金、老齢厚生年金の両方を受給できる人は、いずれかを繰り下げることができます。ただし老齢厚生年金を繰り下げ受給する場合は注意が必要です。相談者は厚生年金の加入期間がありますので、もし厚生年金加入期間が20年以上あり、65歳になったときに、生計を維持されている65歳未満の配偶者(前年の収入が850万円未満など)がいると、配偶者加給年金額が受け取れますが、厚生年金加入者が年金の繰り下げをしている間は配偶者加給年金額は受け取れません。

配偶者加給年金額は、配偶者が65歳になると受け取れなくなりますので、繰り下げをしている間の配偶者加給年金額はもらえず、繰り下げしている間に配偶者が65歳になってしまうと、全くもらえないことにもなりかねませんので注意が必要です。老齢基礎年金のみを繰り下げることにすると、加給年金はもらえますよ。

※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
年金を月30万円をもらうには、現役時代にどのぐらいの収入が必要?
年金を月20万円もらえる人は、現役時代にどのぐらいの収入がある人ですか?
年金だけで生活が苦しい時、生活保護以外に手だてはありますか?

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。