子離れの準備:自分の人生を充実させて「空の巣症候群」を回避

子離れの準備:自分の人生を充実させて「空の巣症候群」を回避

子離れの準備:自分の人生を充実させて「空の巣症候群」を回避

「子供の独立」「40代での大学入学」を経験したMRさん(50代、女性)に、当時の出来事や心境、問題をどう乗り越えてきたかを、できる限り細かく具体的に語っていただきました。

Q:もともと子離れはできている方でしたか?

自分としては、子離れできているつもりでした。娘が思春期に入って以降は、家族で出かける機会も減りましたし。ただ夫からは「子供に夢中な母親」と思われていたようです。

Q:お子さんが実家を離れるのは、どのタイミングだと思っていましたか? 実際にお子さんが巣立ったのはいつでしたか?

娘の大学は自宅からギリギリ通える距離だったので、大学生のうちは一人暮らしという話はでませんでした。そのため、就職をしたら家を出て、一人暮らしを始めるだろうと思っていました。

実際、就職が決まったタイミングで、娘から「1人暮らしをしようと思う」と言われました。もともと予想をしていた巣立ちのタイミングだったため、特に驚くことはなかったですね。大学を卒業した年の春に出ていきました。

Q:お子さんが実家を離れる前、子供が独立した後の人生についてはどうお考えでしたか?

子供中心の生活を長年続けてきたので、ものすごくさみしくはなるだろうな、という予感はありました。何も準備をせずにいたら、日常に張り合いがなくなって、さみしさの沼にどっぷりつかってしまうだろうなと。

だからこそ「子供が巣立った後に備えて、いろいろ準備をしておこう。その上で、第二の人生を思いきり楽しもう!」と思っていました。

それに、子育てに関しては、やり遂げた感があったんですよね。それまでずっと「子供が巣立つ前に、できることは何でもやってあげたい」という思いで過ごしてきて、ベストは尽くしたという実感もあったので。

ただ誤解しないでいただきたいのですが、子供中心の生活が辛かったということではありません。娘はずっと、いわゆるワンオペ状態で育ててきましたが、それはそれですごく充実した毎日だったんですよ。

=====

この先は「経験シェアリングサービス『エクシェア』note版」にてお読みいただけます(有料)。

「抵抗のあったお一人様行動に、どうやって慣れていったか」「子供の独立をきっかけに、夫婦関係にどのような変化があったか」、そして「40代で大学に入ってみて感じたこと」などについても、詳しくお話しいただいておりますので、ぜひご一読ください。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。