「若々しく見える」「子どもっぽく見える」の違いは?

「若々しく見える」「子どもっぽく見える」の違いは?

歳を重ねても、精神が成熟することなく子どもっぽい言動をする人の特徴はなんでしょうか。そういう人は、どのように変わっていけばいいのでしょうか。年齢的には立派な大人なのに、なぜか「子どもっぽく見える人」の特徴について迫ります。
 

「子どもっぽく見える人」の特徴1:視野が狭くて、自己中

「子どもっぽく見える人」は、視野が狭いために、自己中心的な言動をしがちです。そうすると、本人は悪気がなくても、人に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

大人になるということは、「視野を広く持つ」ことです。つまり、精神的に大人の人は、相手の立場に立って物事を考えられるので、思いやりのある言動をしやすいですし、仕事においては、全体の様子を見ることができるので、自分がやるべき役割を果たすことができます。だから、視野が広い人ほど、人に好かれやすいのです。

「子どもっぽく見える人」は、自分は視野が狭いことを自覚して、意図して視野を広げる必要があります。自分は悪気がなくても、人に嫌な思いをさせてしまったときは、「相手の立場に立って、物事を考えられていなかったからだ」と反省したほうがいいでしょう。そうすると、人間関係のトラブルは減るものですよ。
 

「子どもっぽく見える人」の特徴2:依存的で、主体性を持っていない

「子どもっぽく見える人」は、依存的で、流される傾向があります。また、情報に受け身的で、振り回される傾向があり、自分でものを調べたり、考えたりしません。そして、いつも人任せで、「私にはできないから」と言い訳ばかりしてしまいます。

そういう人は、ある意味、「人生をサボってきた」とも言えるのです。人生は、単に生活のためだけにお金を稼ぎ、ただただ歳を取っていくことではありません。内面を磨き、人として成長していくことこそが、「生きる目的」といっても過言ではないのです。

「精神的な自立」は、誰もがいつかは必ず乗り越えなくてはいけない“人生のテーマ”です。自分の内面を磨き、成長してきた人は、必ずと言ってもいいほど、自立しています。だから、ただただ情報や人の意見に流されるなんてことはなく、自分で調べ、考え、選択し、自分の人生を自分で切り開いている自覚があります。

そういう人は、人任せにしたり、責任転嫁をしたりしないで、自分が納得する人生を歩みやすくなるのです。依存的で、主体性を持っていない人は、もう少し「自分のことを信じる」必要があります。「できない」のではなく、「やらない」だけであることを自覚し、人に寄り掛かっていないで、自分の足できちんと立つことを心がけるといいでしょう。
 

「子どもっぽく見える人」の特徴3:人に認められようと躍起になる

「子どもっぽく見える人」は、自分のことを認められないので、人に認められることで安心しようとします。だから、自慢話をしてしまうことが多く、また相手が自分を認めてくれるかどうかで、自信をつけたり、逆に自信を失ったりして、精神的に不安定でいます。

精神的に大人の人は、自分で自分をきちんと認められているので、わざわざ人に認められようとしません。むしろ、自分を認めてくれない人が現れたとしても、「相手は、“本当の私”を理解してくれているわけではない。自分は自分で日々、頑張って生きているので、問題ない」と思えるのです。

自己肯定感を持つことは、幸せに生きるために、とても大事なことです。そのためにも、日々、自己と向き合い、少しやせ我慢をしてでも、“自分が認められる自分”になる言動をすることが大切。そうやって、成長していくと、自己を誇れるようになるのです。

とはいえ、いつも理想的な言動ができるとは限りません。そんな理想とは違う、残念な自分であっても、しっかり受け止め、応援できるようになることが重要。“ありのままの自分”を受け止め、成長を願える人になりたいものですね。
 

精神的に大人になると、生きやすくなる!

ここまで「子どもっぽく見える人」の特徴を3つ紹介しました。この世界は、精神的に成熟するほど、生きやすくなり、幸せになるもの。また、自分を取り巻く環境も、周りの人の反応もいい方向に変わってくるでしょう。

だからこそ、子どもっぽいままでいるのは、もったいないことなのです。今回紹介した特徴に当てはまる人は、少しずつ自己を成長させていきたいものですね。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。