老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に回答します。今回は、経過的加算がもらえる人についてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:40歳の主婦ですが、厚生年金の経過的加算はもらえるの?

「共働きで会社員として働く40歳女性です。私は厚生年金の経過的加算というものをもらえるのでしょうか?」(40歳・会社員・女性)
 

A:厚生年金に加入した期間があれば受け取ることができます

経過的加算とは、65歳以上で受給できる老齢厚生年金に加算される年金です。昭和61年4月に年金制度が改正され、老齢基礎年金制度が創設されました。そのため計算方法が変わり、もらえる年金額にズレが生じてしまうことになりました。そのズレを補うために、「経過的加算制度」が設定されました。
 
経過的加算をもらえる人とは、厚生年金の加入期間がある人です。
 
計算方法は次の通りです。

経過的加算額=定額部分に相当する額(今でいう老齢基礎年金の額)-厚生年金保険加入期間に相当する老齢基礎年金の額=1628円(令和3年度分)×1.00(生年月日に応じた率)×厚生年金加入月数(上限480カ月)-78万900円(令和3年度分)×(20歳から60歳までの厚生年金加入月数/480カ月)

受け取れる経過的加算の金額は、それぞれの厚生年金の加入月数によって計算されます。厚生年金保険の加入期間を長く(上限480カ月)するほど経過的加算も多く受け取ることができます。

そのため、経過的加算は、そう多額にはならず、数百円というケースもあるでしょう。相談者は40歳で、厚生年金の加入期間がありますので、経過的加算を受け取ることができるでしょう。ちなみに経過的加算制度、は将来的に見直される可能性があるかもしれません。

※専門家に質問したい人は、コメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
定年後に年金受給せずに失業保険を受ける方法はアリ?どっちがお得?
年金手帳をなくしてしまいました。年金番号がわかりません
年金を5年間払わなかったら、将来もらえる年金はいくら減りますか?

 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。