二分の一成人式(ハーフ成人式)とは……10歳を祝うセレモニー

見つめ合う母と娘

ハーフ成人式にあたる10歳の子。「ティーンの入り口」に立つ子に親として伝えたいメッセージとは?

「ハーフ成人式」をご存知ですか? 成人式(20歳)の半分の年齢である10歳を祝うセレモニーとして、近年話題を集めています。
 
成人式は、大人としての権利と義務を自覚し、社会で活躍できる年齢になったことを祝って行う公的な儀式です。一方のハーフ成人式は非公式なものですが、10歳まで育ってくれたことへの感謝の意味を込めて、学校や家庭などでささやかなお祝いを行っていることが多いようです。
 

「前思春期」の10歳……子どもから大人に変わるティーンの入り口

ハーフ成人式にあたる10歳は、ティーン(10代)の入り口の年齢で小学4年生にあたります。思春期の前段階を「前思春期」と呼びますが、これがまさに「ハーフ成人式」にあたる10歳前後の年齢なのです。前思春期には、思春期に向けて心と体が少しずつ変化し、無邪気な子ども時代には見られない「大人っぽい言動」が増えていきます。
 
したがって、ハーフ成人式には単に子の成長を喜ぶだけでなく、子どもから大人に変わる「通過儀礼」としての意味も含まれています。だからこそ、ハーフ成人式に親が「大人の代表」として子に贈る言葉はとても重要な意味を持つのです。
 
「前思春期」について詳しく知りたい方は「0~12歳の「前思春期」の育てにくさ…親がすべきこと」もあわせてご参照ください。
 

ハーフ成人式の「親からの手紙」の書き方は? 込めたい3つのメッセージ

一般的にハーフ成人式では、子ども自身が「未来の自分に贈る言葉」や「親への感謝の思い」を手紙にすることが多いと思います(学校などでしばしば行われています)。それもとても素敵ですが、ぜひ家庭では「親からの手紙」も書いてみてください。ティーンの入り口に立つ子の心に、とても大きな影響を与えるものと思います。
 
手紙では子に伝えたいことを自由に書けばよいと思いますが、私がお勧めしたいのは、「感謝、意味、願い」という3つのメッセージを込めた手紙です。それぞれのメッセージについて解説しましょう。
 

1. 感謝……10歳まで育ってくれたことに「ありがとう」の言葉を

子の成長は親の願い。まずは10歳まで育ってくれたことに、心からの「ありがとう」を伝えましょう。誕生からの10年間、子どもにはたくさんの喜びと苦労がありました。成長の過程を見守り、寄り添ってきた親としての思いを語っていきましょう。
 
たとえば、発育が遅くて心配だったが、懸命に全力で生きてきたこと。園生活や学校生活になじめないこともあったが、楽しみを見つけて頑張ってきたこと。人知れず努力してきた姿、一つのことに打ち込んできた姿勢……。そんな子どもの成長をいつも間近で見守ってきたのではないでしょうか?
 
ファーストメッセージでは、ぜひ親だからこそ感動できた子どもの成長への感謝の気持ちを、具体的なエピソードと共に伝えてみてください。
 

2. 意味……10歳という年齢が持つ意味。ティーンの心の変化を伝える

セカンドメッセージでは、次のお祝い「成人式」(20歳)に向けて、ティーンの心に何が起こるのかをわかりやすく解説しましょう。
 
小学校高学年から高校時代にかけて、子は「思春期」という重要な成長のタームを経験します。ここでは「第二次性徴」という体の大変化があり、心も大きく揺れ動くということ。心に生じる変化は人それぞれで、今からは想像もつかないような自分になっていくだろうということ。すべての変化は成長の証であり、「自分らしさ」を感じながら前進することが重要であるということ。
 
この激動のティーン時代に、親はいつも子どもの心に寄り添い、いつでも子どものことを大切に思っている。そんなメッセージもぜひ伝えてみてください。
 

3. 願い……親として、子にどんな大人になってほしいか、願いを込める

ラストメッセージは非常に重要です。「大人の代表」として子にどんな大人になってほしいか、親としての願いを伝えましょう。
 
「大人になること」への思いは人それぞれだと思います。ですが、「自分らしさ」をベースにして社会に貢献し、他の大人と協力して社会の一員として活動していってほしい、という思いは共通なのではないでしょうか。
 
そして大人になることには、苦労が多い分だけ喜びもある。周りの人と信頼関係を築きながら、「幸せになってほしい」。そんな思いも、どの親にも共通するものではないでしょうか? そういった親としての願いを、ぜひご自分なりのメッセージで伝えてみてください。
 

親からの心のこもった手紙は、子の一生を支える大切な「お守り」

どの子も、大人になることに対する「期待」と「不安」の気持ちの両方を抱えています。ハーフ成人式にあたる「前思春期」は、そんな期待と不安の気持ちがぐんぐん膨らんでいく時期です。だからこそ、ハーフ成人式には親からの「感謝、意味、願い」を込めた手紙が重要な意味を持つのだと私は考えています。
 
心のこもった言葉で、ぜひ子どもの「期待に膨らむ心」を後押しし、「不安に沈む心」に勇気を与えていきましょう。10歳のときに親からもらった手紙は、これから「大人への道」を歩んでいく子どもの大切な「お守り」であり「羅針盤」です。そして、子どもの一生の宝物になると思います。


■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。