真夏の太陽が輝く8月上旬は、華やかな「しし座」のシーズンです。人生の楽しみや喜び、恋やときめきなどワクワクすることがいっぱい。でも、今年の星の配置は自制心も強く現れ、「せっかくだから」という気持ちと「やっぱりよくない」という思いのせめぎ合いで、答えが出しにくいはず。いくつも正解があると大きく構えて!

【前半の星座はこちら】
大人のための12星座占い!2021年8月前半の運勢【おひつじ座~おとめ座】

 
大人のための星占い! 2021年8月前半の運勢【てんびん座~うお座】

大人のための星占い! 2021年8月前半の運勢【てんびん座~うお座】

 

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

しがらみが多く、自由が利きにくい運勢です。雑用や穴埋め的な作業も回ってきやすく、うんざりしてしまうかも? でも、それを逆手に取って、「やっている感」を出していきましょう。「ついでにやるよ」と人の分まで面倒も快く引き受けてみて。そこで増える大変さは誤差のうちですが、恩を売れたり、貸しを作ったり、リターンは想像以上! ワーキングタイムと割り切っていきましょう。

おしゃれは、ビジネス仕様で。カラーレスメイクも、素材の良さを引き立てそう。年長者のお供に幸運が。介護、シニア保険の見直しも幸運。愛は、話し合いで前進!
 

さそり座(10月24日~11月22日生まれ)

運気はデリケート。知らず知らずのうちに誰かと比べたり、何気ない一言に傷ついたりしそうです。劣等感と孤独を刺激されやすいので、居心地の悪い場所、合わない人からはさっさと逃げるのがよさそう。思い切ってデジタルデトックスをしてみるのも大賛成。SNSやネットをシャットアウトすると、優しくタフで前向きなあなたらしさに立ち返れるはず。

パワーフードは、スパイス。カレーやオリエンタルなメニューで体を目覚めさせて。金運は、あたりを引けそう。クジや懸賞はお見逃しなく。愛は、同じパターンの繰り返しで安定へ向かいます。
 

いて座(11月23日~12月21日生まれ)

得意なこと、すでにマスターしている知識や技術に磨きをかけていきましょう。専門性を高めたり、関連知識を増やしたり、あなたの強みをパワーアップさせてみて。高収入、好待遇の仕事を求めて転職を視野に入れるのもいい考え。

何かを始めたいなら「語学のマスター」がオススメ。アフターコロナの世界できっと役立つはず。金運は、目先の数字に惑わされないで。安くても買いにいくのが大変なら、定価でいいと割り切ることも大事です。運動は、無理は禁物。体調と相談しながら進めましょう。愛は、笑い話で楽しく盛り上げて。
 

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

うまくやれることとままならないことがマーブル模様に。パーフェクトを目指してあくせくするよりも、ダメなことはダメなりに楽しんでいくのが良さそう。家事の代行を頼んでみたり、リバースメンターで年下、後輩の意見に従ってみたりすると、ラクになれるし、苦手克服のきっかけをつかめます。

金運はこの先、物入りがありそう。貯金とは別に緊急用の口座を作っておくと、影響を最小限に抑えることができるでしょう。オフは、昔好きだった本や映画に親しんで。忘れていた夢を取り戻せるかも? 愛は、黙って尽くして。感動してもらえそう。
 

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

足並みがそろいにくく、調整に手間取りそう。こんなことなら誘わなければ良かったと後悔しないように、本当にやりたいことは1人で進めるのが一番です。いつもなら一緒に行く、やる連れがいるなら、事前に「今回は別々に」と断りを入れるのをお忘れなく! 声掛けをしないとやっぱりモメますので、根回しと報告をセットでしっかりケアを。

家事や介護は、新しい家電やサービスが助けになりそう。おしゃれは、ゴールド×シルバーのコンビで旬の輝きを身にまとって。愛は、感謝の心を忘れずに。新しい出会い、再就職は、紹介に期待して。
 

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

こだわりを捨てるとうまくいきます。いつものやり方、最初の予定に固執せず、その場のなりゆき、人の誘いに乗ってみて。急な割り込み仕事や雑用も、快く引き受けると喜ばれるし、次につながっていくはず。柔軟な対応で、世界に寄り添っていきましょう。

おしゃれは、実用性重視で。自宅で洗える服、動きやすいデザインがフットワークを高めます。ただし、お出かけや社交の席では、レディライクな華やかな装いが喜ばれます。いただきものも多い時。お礼状に感想を添えると、次がありそう。愛は、いつもと違うデート、日常がいい刺激に。

【おすすめ記事】
12星座別!2021年8月の金運アップ方法【おひつじ座~おとめ座】
12星座別!2021年8月の金運アップ方法【てんびん座~うお座】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。