老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、年金をもらえる年齢についてです。
 

Q:年金をもらえるのは何歳から?

「43歳の女性です。会社員として働いていますが、私が厚生年金をもらえるのは、老後、何歳からでしょうか? 60歳からもらっている人もいるようですが、どうして年金をもらえる年齢が違うんでしょうか?」(43歳・会社員)
 

A:老齢厚生年金を受給できるのは65歳から

1年以上厚生年金期間がある、昭和36年4月2日以降生まれの男性、昭和41年4月2日以降生まれの女性は、老齢厚生年金を受給できるのは、65歳からです。
 
昭和61年3月以前の年金法では、老齢年金は国民年金が65歳支給、厚生年金は60歳支給でした。昭和61年4月1日に年金法は大きく改正され、国民年金は基礎年金として、20歳から60歳までの国民全員が被保険者となり、厚生年金は基礎年金の上乗せ年金として2階建てとなりました。支給開始年齢も厚生年金が国民年金に合わせる形で65歳支給をめざすこととなりました。
 
そこでできたのが「特別支給の老齢厚生年金」です。60歳から65歳までの老齢厚生年金は本来の支給ではなく「特別に支給」する扱いとなり、生年月日により特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢が61歳以降になる仕組みが導入されました。(日本年金機構HP 特別支給の老齢厚生年金 参考)
 
男女別に、特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢が異なるのは、昭和50年代に男女の退職年齢が男性60歳、女性55歳と異なっている会社が多く、裁判により違法とされた経緯があるからです。女性の方が早く退職したため、5年遅れで支給開始年齢が遅くなることになっています。
 
【関連記事をチェック!】
年金を受給するための手続き、忘れてはいけないことは?
60代前半でもらえる「特別支給の老齢厚生年金」の計算方法って?
年金が振り込まれるのは誕生日の月からではない? いつからもらえる?

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。