カメラに詳しい人なら知っているであろう「ライカ」という名前。これはドイツの老舗カメラメーカー、ライカカメラのブランドであり、カメラ愛好家に多くのファンを抱えていることでも知られています。
LEITZ PHONE 1

ライカカメラは老舗のカメラメーカーであり、同社製のカメラはカメラ愛好家からの人気が高い

そのライカカメラが2021年6月17日、日本で同社が全面的に監修したスマートフォン「LEITZ PHONE 1」を開発、ソフトバンクから独占販売すると発表したことが大きな驚きをもたらしました。同社はこれまでいくつかのスマートフォンメーカーと共同で、スマートフォンのカメラを共同開発をしたことはありますが、スマートフォン全体を監修するのはLEITZ PHONE 1が初めてのこととなります。
LEITZ PHONE 1

「LEITZ PHONE 1」はライカカメラが全面監修したスマートフォン。ソフトバンクから販売予定だ

では一体、LEITZ PHONE 1とはどのようなスマートフォンで、どのような点がライカなのでしょうか。発表内容や発売前に触れることができた実機などから確認してみましょう。
 

1インチのイメージセンサーを搭載

LEITZ PHONE 1は省電力性に優れる「IGZO」技術を採用し、6.6インチの有機ELディスプレイを搭載した大画面スマートフォン。チップセットにクアルコムのハイエンド向けとなる「Snapdragon 888」を搭載するなど非常に高い性能を備えています。防水やFeliCa、そして5Gにも対応しており、他社のハイエンドスマートフォンと引けを取らない内容であることが分かるでしょう。
LEITZ PHONE 1

LEITZ PHONE 1は6.6インチの大画面スマートフォンで、最新のハイエンドモデルに匹敵する非常に高い性能を備えている

そしてLEITZ PHONE 1がライカらしさを実現しているポイントの1つは、やはりカメラです。LEITZ PHONE 1のカメラは、最近のスマートフォンとしては珍しい1眼構成なのですが、その1つのカメラが従来のスマートフォンとは段違いの性能を持っているのです。

スマートフォンのカメラは基本的にレンズと、レンズから入ってくる光を電気信号に変えるイメージセンサーの2つから成り立っています。そしてイメージセンサーのサイズが大きいほど、より多くの光を取り込むことができるので明るく表現力の高い撮影が可能となります。

ですがコンパクトさが求められるスマートフォンは、サイズの制約もあり大きなイメージセンサーを搭載することはできず、一般的にはデジタルカメラより小さいものが用いられています。それゆえ暗い場所での撮影や、背景をぼかすなど表現力の高い撮影が苦手なことから、最近ではAIなどソフト技術の活用で弱点をカバーすることに力が入れられているのですが、どうしても人工的な不自然さが残ってしまうのが弱点です。

LEITZ PHONE 1は、スマートフォンでとしては非常に大きい「1インチ」のイメージセンサーを搭載しています。これは高級コンパクトデジタルカメラに搭載されているイメージセンサーで、面積でいえば一般的なスマートフォン向けイメージセンサーの数倍に上ります。
LEITZ PHONE 1

LEITZ PHONE 1のカメラは1つのみだが、高級コンパクトカメラと同じ1インチのイメージセンサーを搭載している点が大きなポイントとなる

それだけ大きいセンサーを搭載していることから、室内や夜景など暗い場所に強いのはもちろん、自然なボケ味のある表現ができるなど、人工的ではなく自然ながらも表現力の高い写真撮影が楽しめることが期待されます。

またライカのカメラはモノクロ写真の表現に定評があることから、LEITZ PHONE 1にはモノクロ撮影に特化した「Leitz Looks」というモードも搭載されるとのこと。こうした点もライカファンには嬉しいポイントといえるでしょう。
 

性能がほぼ同じ「AQUOS R6」との違いは

LEITZ PHONE 1がライカらしい点は、カメラだけではありません。ハード・ソフト全体にわたってライカカメラが監修しているだけあって、デザインも同社のカメラを意識したものとなっているのです。側面の凹凸のあるデザインや、シンプルながら高い質感を誇る背面などにも、ライカらしさを感じさせるポイントといえるでしょう。
LEITZ PHONE 1

LEITZ PHONE 1の背面。ライカらしいシンプルで高級感のあるデザインに仕上がっている

それに加えてLEITZ PHONE 1には、専用のケースとレンズキャップも付属するとのこと。スマートフォンのカメラにレンズキャップが付くことはないだけに、こちらもライカカメラらしいこだわりといえます。
LEITZ PHONE 1

専用のケースとレンズカバーも標準で付属している

それだけライカカメラの強いこだわりが感じられるLEITZ PHONE 1ですが、先にも触れた通りライカカメラが開発したのではなく、あくまで全面的に監修したスマートフォンとなります。それゆえ実はその中身は、ライカカメラと提携して開発を担っているシャープの「AQUOS R6」とほぼ同じでもあります。
LEITZ PHONE 1

こちらはシャープの「AQUOS R6」。カメラに1インチのイメージセンサーを採用するなど、性能はLEITZ PHONE 1とほぼ同じだ

しかもソフトバンクのLEITZ PHONE 1の販売価格は18万7920円と、AQUOS R6の価格(13万3920円)と比べ約5万円高額です。それだけにどちらを選ぶべきか悩む人も多いかと思いますが、その基準はやはり、ライカブランドに対するこだわりの深さということになるでしょう。

AQUOS R6もカメラ部分でライカカメラの監修が入っていますが、LEITZ PHONE 1はカメラだけでなく、全ての部分においてライカが監修しているのが大きな違いです。そうしたライカらしさに価値を感じるならLEITZ PHONE 1を選ぶ価値は十分あるでしょうし、数十万円から100万円超のものもあるライカブランドのカメラと比べれば、ある意味安いともいえるのではないでしょうか。


【おすすめ記事】
「テザリング」とは? iPhone/Androidでの使い方を分かりやすく解説!
ahamoなどで使えないキャリアメール、どうする? おすすめの代替策は
NTTドコモの「home 5G」はどんな人におすすめ? メリット・デメリットを解説!
1台のスマホで2枚のSIMが使える「デュアルSIM」のメリットと注意点
「eSIM」はSIMカードと何が違う? メリット・デメリットを確認
ahamoの注意点! 結局どんな人におすすめのプランなのか契約前に確認しよう
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。