老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、65歳から年金受給をするか迷っている人からの質問です。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:年金は65歳からもらわないほうがお得?

「私は年金を65歳から受給しようと思いましたが、まだ夫は会社員で収入もあり、老後貯金も十分あり、生活費はまかなえています。家族から年金は繰下げ受給したほうがお得だといわれました。本当でしょうか?」(64歳・専業主婦)
繰下げ受給をしたほうがお得?

繰下げ受給をしたほうがお得?

 

A:「繰下げ受給」でもらえる年金が多くなります

65歳で年金を受給せずに、もらう年齢を遅らせると、受給できる年金が多くなります。これを「繰下げ受給」制度といいます。令和4年7月現在では、2022年(令和4年)4月1日以降に70歳に達する人(つまり昭和27年4月2日以降に生まれた人)は、最長で75歳(10年間・120カ月)まで繰下げすることができます(※)。ひと月単位で繰下げすることができ、1カ月あたり0.7%年金額を増やすことができます。

(※)昭和27年4月1日以前に生まれた人は70歳までしか繰り下げできません

たとえば、75歳まで繰り下げて年金受給すると、もらえる年金は84%多くなります。

繰り下げれば、増えた年金を一生涯もらうことができます。したがって、繰下げ受給制度は、年金受給開始までの生活費を賄えるだけの資産がある人や家計に余裕がある人にはとてもお得な制度です。検討してみてはいかがしょうか。

参考・厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000147284_00006.html

※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はこちらから応募するか、コメント欄への書き込みをお願いします。

監修・文/深川 弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
70歳まで定年延長されたら、年金はどうなりますか
60歳になってしまった。これから将来もらえる年金を増やすには?
60代前半は会社員として働こうと思います。年金を減らされない収入はいくら?
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※2022/8/1~2022/8/31まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。