東京メトロ半蔵門線の新型車両18000系が報道陣に公開された。2021年8月に予定されているデビューに先立って外観や車内を見学することができたので、どんな車両なのかをレポートしよう。
 

東京メトロ半蔵門線とは

半蔵門線のラインカラー

半蔵門線のラインカラーは紫(パープル)

東京メトロ半蔵門線は、渋谷から表参道、青山一丁目といったハイセンスなエリアを通り、我が国の政治経済の中心地である永田町や大手町あたりを抜け、清澄白河、押上などのエリアを結ぶ16.8kmの全区間地下を走る路線だ。清澄白河や押上は古くからある下町にもかかわらず、近年はカフェ、アート、スカイツリーといったニューモードで人気となっている。
東武50000系

東京メトロ、東急とともに活躍する東武50000系

渋谷駅では東急田園都市線と、押上駅では東武伊勢崎線とつながり、3社で直通運転を行っている。田園都市線の終点・中央林間と東武日光線の南栗橋を結ぶ電車の場合、98.5kmを2時間以上かけて走行し、通しで乗る人はほとんどいないであろうが、意外に長距離を走る電車なのだ。

しかも、3社の車両が6種類入り乱れて運転されているので、どんな車両がやってくるのか楽しみな路線でもある。
8000系と08系

半蔵門線を走る8000系(奥3編成)と08系(手前2編成)が勢ぞろい

このうち東京メトロの車両は、8000系と08系の2種類であるが、8000系は初期の車両は1980年に製造されたので、車齢は40年を超え引退の時期を迎えている。そこで新型車両18000系の登場となった。これにより、順次8000系を置き換えていき、2025年度までに全19編成190両の搬入を完了することになっている。
 

新型車両18000系のシンボルカラーは紫

では、新型車両18000系はどんな車両なのか見ていきたい。
スタイリッシュな18000系

スタイリッシュな18000系

丸みを帯びた外観は、先にデビューした有楽町線&副都心線17000系によく似ている。これからの東京メトロのデザインは、このスタイルになるのだろうか?
車内は紫のトーンオントーン配色

車内は紫のトーンオントーン配色

半蔵門線の路線のシンボルカラーは紫(パープル)なので、車体のストライプをはじめ、車内のシート、吊り輪、さらには運転席の座席までも紫で統一されている。それも濃淡さまざまな紫を取り入れたトーンオントーンの配色なので、モダンな感じがする。清澄白河に代表される伝統と新しさが交じり合う沿線の街を表現したとのことだ。
優先席

優先席は背もたれを赤くしてアクセントとしている

通勤電車なので、座席はすべてロングシートだ。従来と同じく7人掛けシートで、車端部の3人掛けシートは優先席であることを明示するため、背もたれの色を赤みを帯びたものとしてデザイン的にもアクセントとなっている。いずれも、モケットは日本の伝統的な織物のような柄をレイアウトして落ち着きのある感じがする。
運転席も紫

運転席も紫

バリアフリー対策

フリースペース

10両編成すべての車両にフリースペースを設置

バリアフリーを重視する社会を反映して、10両編成すべての車両に車椅子やベビーカーをゆったりと置けるフリースペースが設置されている。利用がないときは、一般客の立席となるが、身体を寄りかからせることができるように紫色のクッションのような横棒が設置されている。
ドアレールの一部切り取り

ドアレールの一部を切り取り、車椅子などの乗降がスムーズに

車椅子やベビーカーを車内に持ち込むときには、タイヤが引っかからないように、ドアレールの一部を切り取るとともに、床面高さを従来車に比べて低くとり、ホーム側へ傾斜させてホームとの段差を少なくしてスムーズな動きができるように配慮した。また、車体の外観上部にはピクトグラムでフリースペースであることを表示し、利用者の便宜を図るといったサービスも忘れていない。
フリースペースの位置をアイコンで明示

フリースペースの位置をアイコンで明示

 

コロナ対策など安心・安全な車両を目指して

防犯カメラ

防犯カメラを各車両に複数個設置

車内では、ときに乗客の間でトラブルが起こったり、犯罪が発生したりする可能性もある。そこで新型車両には、防犯カメラを各車両に複数台設置。死角なく車内全体の状況を把握できるようになり、防犯効果とともに安全性をアピールしている。
抗菌・抗ウイルス対策

抗菌・抗ウイルス対策も万全

窓開けの開口目安を示すステッカー

窓開けの開口目安を示すステッカー

また、このところのコロナ禍に対応するため、座席表地には抗菌・抗ウイルス加工を施し、消臭作用を有する素材を取り入れた。さらには、車内換気のための窓開けの開口目安を知らせるステッカーを窓枠に貼って、案内を強化している。
東京メトロのゆるキャラ

東京メトロのゆるキャラ「駅街かける君」と「メトポン」が18000系をPR

車両性能の向上や安定性、省エネ性向上など技術面での進歩は言うまでもないことだが、利用者目線に立って、安心・安全な車両を目指していることは高く評価したい。各種性能試験や乗務員の訓練は、半蔵門線内はもちろん、相互直通先の東急、東武線内においても実施中だ。2021年8月に予定されている営業運転開始が待ち遠しい。
 
取材協力=東京メトロ


【おすすめ記事】
京急の新造車両が早くも話題に! 展望席の復活にデュアルシート、トイレ付
知ってた? 鉄道回数券が相次いで廃止に! これから激安で乗る裏技は
全部読める? 全国にあるオモシロ「難読駅」10選
知ってた? 実は東京や首都圏にもある「無人駅」
牛、犬、亀も…! 全国にある「動物の名前が入った」駅10選
駅なのに降りられない、人より動物が多い!? 全国で見つけた「変な駅」10選
バリアフリー設備が充実している駅を厳選! 知る人ぞ知る究極のバリアフリー駅はどこ?

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。