ダイソーやユニクロに似ているといわれるMINISO(メイソウ)とは?

ミニソーのロゴ

ショップ袋のデザインにもなっているメイソウのロゴ

ユニクロ、ダイソー、無印良品を足して3で割ったような店といわれることもある「MINISO(メイソウ、名創優品)」。中国を中心に世界中に展開している雑貨店ですが、実は、日本のデザイナー三宅順也氏(現在は退任)と中国の若手起業家を創設者として始まったそう。2020年10月にはニューヨーク証券取引所に上場し、80以上の国に4222店舗を展開している世界的な人気雑貨店となっています。

日本国内では以前はあった都心の一部店舗は閉店し、高田馬場のみになっていますが、現在イオン系のショッピングモールを中心に店舗を増やしています。

そんなMINISOの店内に並ぶ商品ですが、似ているといわれているユニクロ、ダイソー、無印良品とも、ほかの一般的な雑貨店とも違う、工夫のある商品ばかりでした。今回はMINISOで筆者が見つけた、おすすめ商品5選をご紹介します。
 

1:あらゆる素材に貼れる「ナノ密着テープ」

MINISO(メイソウ)おすすめナノ密着テープ

MINISOの「ナノ密着テープ」(330円(税込))

木、プラスチック、金属、コンクリート、タイル、大理石などあらゆる素材に貼ることができ、1kgまで固定できるというMINISOの「ナノ密着テープ」です。筆者も自宅でいろいろ貼って使ってみていますが、壁に傷をつけずに貼ることができるので便利です。
 

2:デザインが可愛いMINISOの「フルーツパフ」

MINISO(メイソウ)ミニソーおすすめフルーツパフ

MINISOのフルーツパフ(330円(税込))

メイクのときにファンデーションなどを密着させるために使うパフ。日本の100円ショップではシンプルな形のものが多いですが、MINISOのものは、切れ目が入ったフルーツのデザインとなっています。

使い始めてバラバラになりはじめても、チャック付きの袋に入っているので便利です。
MINISO(メイソウ)おすすめメイクパフ

チャック付きの袋に入っているMINISOのパフ

 

3:収納が超簡単な、MINISOのエコバッグ

MINISO(メイソウ)ミニソーおすすめエコバッグ

MINISOのエコバッグ(165円(税込))

日本でも2020年7月にレジ袋が有料化され、エコバッグ需要が高まっていますが、エコバッグのお悩みの一つに「畳みかたが分からない」「畳むのが面倒」という声があります。それを解決してくれるのがMINISOのエコバッグです。

小さなカラビナがついているMINISOのエコバッグは、広げると一般的なサイズのレジ袋ほど。
MINISO(メイソウ)のエコバッグ

レジ袋サイズのMINISOのエコバッグ

袋に収納するときは、くしゃくしゃと袋に入れて紐を縛るだけで収納できます。
MINISO(メイソウ)のエコバッグ

袋に押し込んで紐を引くだけ

 

4:コーディネートされたMINISOのポーチセット

MINISO(メイソウ)のポーチセット

MINISOのポーチセット(748円(税込))

ここ数年、中が見える透明なバッグやポーチが人気ですが、MINISOのポーチもご多分に漏れず透明で、色、デザインがコーディネートされた3つのポーチがセットになっています。使う側からすればポーチを複数必要とする場合に統一感があるほうが嬉しいですし、売る側からすれば3つを一度に売ることができますね。
MINISO(メイソウ)のおすすめポーチ

3つのポーチがセットになっている

 

5:明るさ十分、MINISOの「LEDライト付きミラー」

MINSO(メイソウ)のLeDミラー

MINISOの「LED卓上ミラー」(1,320円(税込))

低価格の雑貨店の中では価格が高い商品ですが、類似の商品と比べると作りがしっかりしています。20個ついているLEDライトの明るさは十分、低価格商品にありがちな鏡が歪むようなこともありません。

アクセサリーなどを置くことができるトレーがついているのも便利です。
MINISO(メイソウ)ミニソーのLEDライト付き鏡

スタンドがトレーの役割をする


他とはちょっと違う特徴があるMINISO(メイソウ)の雑貨たち。これからも目が離せない存在ですね。





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「過去に不倫していたが、関係を断ち切った」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
40代でモラハラ・DV夫との離婚を決意。応じない夫と押し問答の末、2年後に離婚成立した話(50代、女性)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。