業務スーパーの天然酵母食パン

業務スーパーの天然酵母食パン


業務スーパーの人気アイテムの1つに、天然酵母食パンがあります。筆者も買い物に行ったら必ずと言っていいほど買うのですが、タイミングが悪いと売り切れになっていることも。その理由は、やはり価格をいい意味で裏切る味でしょう。安くてコスパも良い、美味しい上にアレンジレシピもたくさんあるのです。
 

業務スーパーで買える食パンの種類

業務スーパーには「朝の輝き」「イギリス食パン」など、何種類かの食パンが売っています。これまで筆者はビール酵母パンを買ったことがあります。通常の食パンよりも一回りくらい小さいサイズです。朝食には物足りないかもしれませんが、ちょっとしたおやつにはちょうどいいサイズだと思いました。ちなみにビール酵母を使っていますが、ビールの味がするわけではありません。
 

業務スーパーの天然酵母食パンとは?

業務スーパーの人気の食パンは「天然酵母食パン」です。筆者が通っている業務スーパーでは、入り口近くにパンコーナーがあって、まさにドーンという感じに置かれています。
食パンの横の長さが約25cmほどあるので、存在感はたっぷりです。

 
横幅は約25cm

まずい…とは言わせない。大人気パン。「売っていない」ということもあるかもしれません


天然酵母食パンを作っているのは株式会社神戸物産のグループ会社である、株式会社麦パン工房です。実際に食べてみると、甘味があるなと感じました。ただ菓子パンのような甘さではなくて、ほんのり甘いという程度です。
 

■業務スーパーの天然酵母食パンは値段が安い

天然酵母パンは1.8斤で228円(税抜き)なので、1斤で計算すると約126円です。もしかしたらスーパーの特売の方が安いかもしれませんが、天然酵母を使っている点を考えると、割安ではないでしょうか。それに一度にこれだけの量を買うことができ、しかも好きな厚さにカットができる使い勝手の良さを考えると、228円は安いのかなと感じます。

■業務スーパーの天然酵母食パンの原材料やカロリー・栄養成分

原材料
 
原材料

原材料


天然酵母食パンの原材料は以下の通りです。小麦粉(国内製造)、糖類、ショートニング、加糖練乳、酵母(パン酵母、天然酵母(パネトーネ元種))、食塩、全卵粉末、小麦グルテン、発酵風味料、果汁粉末、マーガリン、植物油脂/甘味料(ソルビトール)、酢酸Na、香料、カロチン色素、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む)。酵母100%中、4.7%の天然酵母を使っています。
 
カロリーや栄養成分
 
カロリーや栄養成分

カロリーや栄養成分


天然酵母食パンの100g当たりのエネルギーは、242kcalです。たんぱく質7.1g、脂質3.7g、炭水化物46.3g、食塩相当量1.0gです(推定値)。1斤あたりは約340g。一般的な食パンの6枚切りの厚さだと56g程度、8枚切りの厚さの場合には42gくらいです。
 

業務スーパーの天然酵母食パンの美味しい食べ方・レシピ

ナイフで切らずに手でちぎるのがおすすめ
 
ナイフでカットするよりも手でさくのがおすすめ

ナイフでカットするよりも手でさくのがおすすめ

天然酵母食パンのパッケージには、ナイフでカットするよりもさいた方が食感が良くなって、おいしく食べることができると書かれています。
 
4つの山ができている

4つの山ができている


形が山のようになっているので、そこからだときれいにさくことができます。断面を見てみましょう。
これが手でさいたときの断面。カットする場合とは違い、少しボコボコする箇所もあります。
 
手でさいた時の断面

手でさいたときの断面

ちなみに、山の部分でさくと高さは5~6cmほどになります。
高さ5~6cmほど

高さ5~6cmほど


ナイフでカットした場合との比較です。左が手でさいたとき、右がナイフでカットしたときです。
 
手でさいた場合と、ナイフでカットした場合の比較

手でさいた場合と、ナイフでカットした場合の比較

もしかしたら手でさいた方が断面が粗くなるので、バターなどが染みやすくなるのかもしれません。

■天然酵母パンの美味しい焼きかたは?
 
焼く前の天然酵母食パン

焼く前の天然酵母食パン

筆者はオーブントースターのトーストの機能を使って焼いています。だいたい3分程度でこんがり焼けます。
 
こんがり焼き上がった

こんがり焼き上がった

 

天然酵母パンのアレンジレシピ

■素直にサンドイッチ

材料
野菜:レタス1枚分、パプリカ10g程度
スライスチーズ:1枚(業務スーパーのスライスチーズを使っています)
天然酵母食パン:8枚切りくらいの厚さ2枚
マヨネーズ:適量
 
サンドイッチの材料

サンドイッチの材料

天然酵母食パンにマヨネーズをぬり、チーズ、野菜をサンドします。野菜の水気が多い場合にはキッチンペーパーで吸い取ったり、マヨネーズを多めにぬってパンに水分が入らないようにします。
 
野菜やチーズをサンド

野菜やチーズをサンド

半分にカットして出来上がり。これだけで幸せな朝ごはんになります。
 
完成

完成

天然酵母パンを買ってから日が経ってしまうと、パサパサ感が出てきます。その場合には一度トーストにしてから挟むと、パサパサ感が軽減されて美味しくなります。

 
■たっぷりミートソースのピザ風

材料
豚ひき肉:30g(写真はかなり多くなってしまいました)
冷凍パプリカ:10g(業務スーパー)
天然酵母食パン:手でさける厚さ(5cmくらい)
ケチャップ:大さじ2(業務スーパーのケチャップ)
塩胡椒:適量
マヨネーズ:適量
チーズ:50g(業務スーパーの「ふりかけるちーず」)
 
材料

材料


豚ひき肉とパプリカを炒めます。パプリカは冷凍のままでOK。火が通ったら塩胡椒をしてケチャップで味付けします。
 
豚ひき肉とパプリカを炒める

豚ひき肉とパプリカを炒める

食パンの内側をくり抜きます。四角にナイフを入れた後で、手で取り出すのが一番簡単です。穴が開かないようにそっとパンを取り出します。その後でマヨネーズをぬります。
 
パンの内側をくり抜いて、マヨネーズをぬる

パンの内側をくり抜いて、マヨネーズをぬる

この中に、炒めたひき肉を入れます。

 
パンの穴に炒めたひき肉をいれる

パンの穴に炒めたひき肉を入れる

この上にチーズを載せます。けっこうたっぷりがおいしいです。
 
チーズの量はお好みで

チーズの量はお好みで

トースターで7分くらい焼きました。
 
完成

完成

チーズがとろ~んとしています。パンをそのままパクリと食べるのはサイズ的に難しいので、ナイフとフォークを使った方が食べやすいです。

■実は耳もおいしい!

実は筆者は、パンの内側よりも耳が大好きです!パンの甘味がギュッと詰まっている気がしていて、パンの耳だけ残してもらうようにしています。

材料
天然酵母食パンの耳:6本(本当は8本だったのですが、つまみ食いしてしまいました)
ジャム:大さじ1(業務スーパーのアップルシナモンジャム)
クリームチーズ:大さじ1(業務スーパーのクリームチーズ)

 
パンの耳もおいしい

パンの耳もおいしい

ジャムとクリームチーズの割合を変えながら食べたいので、あえて混ぜません。
 
クリームチーズとジャムを添えて

クリームチーズとジャムを添えて

パンの耳につけていただきます。
 
クリームチーズとジャムの割合はお好みで

クリームチーズとジャムの割合はお好みで

 
■食べきれない場合には冷凍保存もできる

もし食べきれないと思ったら、食べやすい厚さに切って、ラップなどで包んで冷凍保存することができます。冷凍すると乾燥してしまうこともあるので、筆者はラップで包んだ後、フリーザーバッグに入れています。
 

業務スーパーの天然酵母食パンについてまとめ

アレンジ度 ★★★★
美味しさ ★★★★★
コスパ ★★★★

天然酵母食パンは、なんと言ってもその量が魅力です。1回買っておくとトーストからサンドイッチなど、使い道はたくさんあります。時間が経つとさすがにパサパサしてくるので、冷凍したり早めに食べた方が良さそうです。

DATA
業務スーパー┃天然酵母食パン

原材料:小麦粉(国内製造)、糖類、ショートニング、加糖練乳、酵母(パン酵母、天然酵母(パネトーネ元種))、食塩、全卵粉末、小麦グルテン、発酵風味料、果汁粉末、マーガリン、植物油脂/甘味料(ソルビトール)、酢酸Na、香料、カロチン色素、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。