災害が発生する時にスマートフォンは最強のサバイバルツールに。緊急地震速報や家族との連絡以外にも様々な機能が役に立ちますが使いこなせていますか?

今回は今すぐ入れておきたい防災アプリベスト5を紹介します。
 

1.News Digest

 
NewsDigest

NewsDigestのアプリ画面

防災アプリというよりも、実はニュース速報のアプリであり、災害情報を含めたニュースコンテンツの速報のスピードもピカイチである最新アプリです。

他のアプリにない機能として、現在最も国民が関心を示している「新型コロナ感染事例マップ」が利用できるのが素晴らしいポイント。日本含め世界的にこの大災害に苦しんでいるなかで、唯一実用的なアプリとして存在するものとして紹介します。

全国の自治体や企業が発表した感染事例や消毒された施設情報などの信頼性の高い一次的情報がマップ上に表示されます。自分の生活圏における、外出時の感染リスクなどを把握することが出来る他、地域設定により自治体の感染状況の推移などを即座に確認できるといったUIも優れています。

もちろん、その他の自然災害の情報なども、設定により随時表示されるので、総合防災アプリとしての機能も大変優れています。

アプリをApp Storeからダウンロードする
アプリをGoogle Playからダウンロードする

 

2.Yahoo!防災速報

Yahoo!防災速報

Yahoo!防災速報のアプリ画面

昔からの定番「Yahoo!防災速報」は、リリース時からどんどん進化を遂げて非常に使いやすくなっています。以前は緊急地震速報が受け取れないスマートフォンの代替アプリとして推奨されていましたが、現在はGPS連動により自宅や実家、勤務先などの地域設定をしておけば、それぞれの場所に発動される地震速報や避難指示などの警報、津波予報、豪雨予報、などの各種気象警報の他、国民保護情報(テロなど)、防犯情報なども受け取ることが出来ます。

設定により誰でも自分の欲しい情報をカスタマイズできるので、基本的な防災アプリとして誰しもダウンロードしておきたいアプリです。

アプリをApp Storeからダウンロードする
アプリをGoogle Playからダウンロードする

 

3.NHKニュース・防災 

NHKニュース・防災

NHKニュース・防災のアプリ画面

前述の二つのアプリはインターネット上の二次的な情報を利用したアプリですが、このNHKニュース・防災は全国の独自のニュースソースを元に構成されているというという利点があります。

停電などでテレビが見られなくなった状況でも、インターネット回線がつながっていればアプリを通して映像による情報が得られるのはNHKならでは。

その他、生活上の防災ノウハウや様々な独自のコンテンツを網羅しているところも他の追随を許さない部分。普段からのニュース速報などの情報収集にも便利です。

アプリをApp Storeからダウンロードする
アプリをGoogle Playからダウンロードする


 

4.TuneIn Radio

TuneIn Radio

TuneIn Radioのアプリ画面

最近、映像ではなく、ラジオ音声が若者も含めて見直されていますが、災害発生時のローカルラジオは、災害時に地元で必要な情報を収集するのにとても有効な手段です。

キー局の情報は被災者向けではなく、その他の地域の人のために情報を提供していることがほどんどです。実際に被災地で欲しいのは自分の地域における被害状況であったり、避難所の開設状況や行方不明者の情報だったりします。

このアプリを導入しておけば全国のインターネット対応しているローカル局のラジオ放送をスマートフォンで受信できるようになります。

アプリをApp Storeからダウンロードする
アプリをGoogle Playからダウンロードする


 

5.全国避難所ガイド

全国避難所ガイド

全国避難所ガイドのアプリ画面

防災アプリの代表的なものとして、次第に進化し続けているアプリです。

自宅近くの避難所だけでなく、仕事場や出張先であっても避難所への誘導をすることが可能になります。事前に必要なエリアのマップデータをダウンロードしておけば、オフラインの状態でも機能が使用可能になります。

各種災害のアラート情報の設定が出来る他にも、AR(拡張現実)によって避難方向が表示されたり、安否確認の登録が出来たりなど盛りだくさんの機能が用意されています。

アプリをApp Storeからダウンロードする
アプリをGoogle Playからダウンロードする


以上、今すぐ入れておきたい防災・災害時に役立つアプリを5つ紹介しました。本記事で紹介した5つのアプリについては、TikTokでも紹介しています。
@allabout_official
この他、災害時に情報収集や連絡などで有効なアプリにはTwitterやLINE、FacebookなどのSNSがありますが、自治体などの公式アカウントの登録により、正しい情報の入手につとめ、あやふやな、間違った情報の拡散などは絶対に慎むようにしましょう。多大な迷惑や損失をかけるだけでなく、場合によっては二次的被害をもたらす結果になり、犯罪や訴訟の対象と認定される場合もあります。

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。