新型コロナウイルスの感染拡大により自宅で過ごす時間が増えている昨今。新しい家電の購入を検討している人も多いのではないでしょうか。最新家電に精通するクリエイティブエディターの滝田 勝紀が、2021年に注目のおすすめデジタル家電を5つ厳選して紹介します。
 

1. スウェーデン発の高性能空気清浄機「Blueair Protect」(ブルーエア)

「Blueair Protect」(7400シリーズ/7700シリーズ)

「Blueair Protect」(7400シリーズ/7700シリーズ)

コロナ禍でうんざりな今、2021年こそは気持ちよく深呼吸したいし、よりきれいな空気の中で気持ち良く過ごしたい!と思っているのが多くの人の本音だと思います。だからこそ妥協のない空気清浄機を手に入れたいところ。

ブルーエアの「Blueair Protect」は、独自技術「HEPASilent Ultra」を採用し、0.03マイクロメートルまでのウイルスレベルの超微粒子を99%除去できます。上部にはインタラクティブなタッチスクリーンを搭載。PM1/2.5/10の各空気質指数や温度や湿度、フィルターの使用率を表示。多数の供給口であらゆる方向に向け、ワイドにきれいな空気を供給。8畳をわずか4分で清浄できる「SpiralAir」は1カ所に集中的に風を当てないので、近くにいても寒さや不快感を感じにくく、快適に過ごせます。
キャプション
しかも、電源オフ時でも空気の状態を把握。フィルターに吸着させたウイルスや菌に対してイオンチャージを与え、内部に微風を起こして乾燥させることで、ウイルスや菌を不活化してくれるので安心です。
 

2. 衣類やマスクをケアする家電「LG styler」(LGエレクトロニクス)

「LG styler」

「LG styler」

せっかく部屋の空気をきれいにしていたとしても、屋外から持ち込んだ洋服に菌やウイルスが付着していて、それを部屋の中に持ち込んでしまっては意味がありません。

LGの「LG styler」は毎分180回の振動とスチームにより、衣類をケアできる家電。シャツやジャケットのシワやニオイを取ったり、衣類の奥に入り込んだ雑菌やニオイを99.99%除去。花粉やホコリ、ウイルスや菌まで除去できます。
左からミラー、ブラック、ホワイト、アイボリー

左からミラー、ブラック、ホワイト、アイボリー

衣類乾燥モードも搭載。洗い立てのシャツなども短時間で乾かせるのも便利。あらかじめさまざまなコースが搭載され、インターネットから追加コースがダウンロードできます。スマホアプリから衣類に応じた専用コースが利用できるほか、遠隔操作も可能です。
 

3. 照明一体型プロジェクター「popIn Aladdin 2」(ポップイン)

「popIn Aladdin 2」

「popIn Aladdin 2」

家の中の空気がきれいになり、安心できる環境になったら、今度はじっくりと、映画やドラマ、アニメなどを楽しみたいもの。ポップインアラジン2があれば、余計なスペースや配線要らずでそれらが楽しめます。

多彩なコンテンツを搭載した世界初のプロジェクター付きシーリングライト「ポップインアラジン2」。プロジェクター、スピーカー、シーリングライトが一体となった新しいスマートライトは高解像度なフルHDに対応し、短焦点レンズ搭載により、4.5畳の部屋でも87インチ(投写距離1.3m)、6畳で100インチ(同1.6m)という大画面を映すことができます。
「popIn Aladdin 2」
Netflix、Amazon Prime Video、もちろんYouTubeなども見られるので、映画やドラマ、アニメ、さらにおもしろ動画コンテンツなどもまさに堪能し放題。さらにCGを使った「動く浮世絵」や、親子で遊べる学習ゲーム、タイマー機能を使って起床や就寝/子どもの寝かしつけなどの生活リズムを整えることもできます。ヨガ教室に通ったような体験ができる「おうちヨガ」のライブレッスンも受けられます。
 

4. IoTウォーターサーバー「FRECIOUS Slat」(フレシャス)

「FRECIOUS Slat」

「FRECIOUS Slat」

冬は空気が乾燥しているので、しっかりと水分を取らないといけません。なるべく外出せずに美味しいミネラルウォーターを常に置いておきたいもの。商品の自動再注文サービス「Amazon Dash Replenishment」に対応のウォーターサーバー「FRECIOUS Slat」なら、それが無理なく可能です。
「FRECIOUS Slat」
水の使用量を自動でセンサー計測し、最適なタイミングでボトルが必要な分だけ届くという優れもの。注文の手間を省くだけでなく、消費量以上の水タンクの在庫が家の中に溜まりすぎるといった心配もありません。ボトルは下置きタイプなので、非力な女性でも負担なく交換が可能。インテリアや器とも調和するやさしいマットな質感と上質な色味も魅力です。
 

5. 睡眠用ウェアラブルヘッドバンド「SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド」(フィリップス)

「SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド」

「SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド」

家に長時間いると、どうしても生活のリズムが崩れやすいもの。そうなると睡眠のリズムもおかしなことになったり、そもそも眠れなくなってしまいます。だからこそ、長時間無理矢理寝ようとするのではなく、「SmartSleep ディープスリープヘッドバンド」で、睡眠の質自体を整えましょう。
「SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド」
睡眠の質を高めるウェアラブルヘッドバンドの使い方は簡単。ヘッドバンドを被って眠るだけ。おでこと耳の後ろにある2つのセンサーで脳波をリアルタイムで測定し、睡眠の状態を計測。センサーにより深い睡眠に入っていると判定されると、独自のアルゴリズムにより、眠りの質を高めるオーディオトーンを発生。眠りを上質なものへと導いてくれます。睡眠状態と睡眠スコアはスマートフォンの専用のアプリで確認可能です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。