「ミニマリスト」になるのはハードルが高いけれど、気軽に考えて大丈夫!

片付いているリビングの写真ライトミニマリストで家事をラクに節約に

スッキリした暮らし方をすると家事もラクに節約にもなる

ここ数年、ミニマリストという言葉がよく使われるようになりました。元々はアメリカの富裕層から生まれた言葉で、物欲のままに買ったモノに囲まれて暮らすのではなく、厳選した本当に好きなものだけに囲まれる暮らし方を求める人たちのことをさします。

~istや、~主義とつくと、そうでない人にとっては別世界の話のようで、高いハードルを感じるかもしれませんが、徹底的にしなくてもライトに実行すればとても効率の良い暮らし方ができるのです。今回はそんなライトミニマリストについて考えてみたいと思います。
 

「ライトミニマリスト」だと家事がラクになる

家の中にモノが溢れていると必然的に整理整頓や掃除をすることが大変になります。モノが少なければスッキリと収納に収まるので、掃除機をかけることも、拭き掃除をすることもサッとできます。

整理整頓が苦手という人は多くの場合、家の収納以上にモノを所有していて、それをどこに入れていいのか分からなくなっている状況なのです。収納に空きがあればそこにしまうだけなので、簡単です。
 

「ライトミニマリスト」は節約にもつながる

さらにはモノがあり過ぎると、自分が所有しているモノを把握できなくなるというマイナス点もあります。筆者が講演などで「自分の家に黒のボールペンが何本あるか把握している人はいますか?」と質問をしても「把握している」と答えた人はいまだに一人もいません。

自分が所有しているモノを把握できないと、また同じようなモノを買ってしまうという無駄遣いにつながってしまうのです。
 

「ライトミニマリスト」の始め方:まずは今あるモノを減らす

既に今、家の中にモノが溢れている場合は、まずは必要なモノだけに絞る作業をしなくてはなりません。その際に収納力を考えて、衣類、雑貨、食器などそれぞれ何個所有するか先に個数を決めて、それを超える分は処分しましょう。

処分方法は、最近はスマホのフリマアプリなどで簡単に出品することもできますので、捨てるというだけでなく売るという方法もあります。とにかく家の中のモノを自分で決めた個数まで減らしてみましょう。
ライトミニマリスト 衣類処分

アイテムごとに所有する個数を決めて、その数まで減らしていく

 

「ライトミニマリスト」の買い物術:自分にとって必要なモノを見分ける力をつける

その後も購買意欲は出てくるでしょう。買おうと思ったものが自分にとってどの程度必要なのかを、一度考えてみる時間をとることが大切です。

「それを買うと今までできなかったことができるようになる」「それは価格分の価値がある」……。そういうモノであれば、買っても無駄にはならないはずです。必要とする明確な理由がなく「安いから買おう」であれば、その後に家の中で埋もれ、所有していることさえも忘れてしまうかもしれません。そうなるとその買物は無駄遣いということなのです。


「自分にとって本当に必要なモノ」というのは意外と数が少ないものです。それらの必要なモノをスッキリと収納に入れてしまえば気分もスッキリと暮らすことができます。そして所有しているモノを把握していれば、無駄遣いもなくなります。

家事がラクになり時間も有効に使え、無駄なモノを買わなくなるので、本当に欲しいモノにお金を使うことができるというのは、効率の良い暮らし方だと思いませんか? 是非一度、家の中のモノを見直してスッキリとした暮らし方を目指してみてください。
 



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。