留守電が出たらすぐに切ろう

メッセージを残さないで切る場合は、留守電サービスに接続される前に、切りましょう。

ドコモの場合「留守番サービスセンターに転送します」、auの場合「auお留守番サービスに接続します」、ソフトバンクの場合「この電話を転送します。そのままお待ち下さい。」というガイダンスが流れます。この間に電話を切れば、通話料はかかりません。この後に流れるガイダンスから通話料が発生します。

留守電を残すときには「#」を押そう

メッセージを残す場合、留守番サービスセンターに接続されてから通話料が発生します。ガイダンスをずるずる聞いているとそれだけで数十円かかってしまう場合があります。センターに接続されたら#を押してみましょう。ガイダンスが省略され、「ピー」っという音が聞こえてメッセージが吹き込める場合があります。ドコモやauには有効な方法です。留守電センターにメッセージを残すことが多い人は、時間の節約にもなりますし、通話料の節約にもつながります。

「留守電を残すときには#」と覚えておいて下さい。





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。