2020年春に売れている人気スニーカー5選!

atmos

この春、アトモスで売れ筋のスニーカーとは?

暖かい春が待ち遠しい今の時期、春のワードローブに揃えたいアイテムが気になってくる頃ですね。春といえば春休みやお花見など、何かと歩くシーンが多いもの。そんな春には歩きやすいスニーカーが大活躍してくれます。2020年春はリラックスした印象のフラットシューズがトレンドに挙がっており、スニーカー人気も継続する模様。

今回は、東京のスニーカーシーンを牽引するスニーカーセレクトショップ「atmos(アトモス)」で、今一番売れているスニーカーをブランド別に5つご紹介! 早速、みていきましょう。
 

1. NIKE(ナイキ)のW AIR MAX TRIAX

atmos

W AIR MAX TRIAX 1万3000円(税抜)/NIKE(アトモス)

この春は、ホワイトベースの明るめカラーに人気が集まっています。特に2020年春は、鮮やかでポップなカラーが流行りの最前線に踊り出ているので要チェック! 普段のコーデに明るめカラーを取り入れることで、コーデ全体が旬な装いになりますよ。

今「NIKE(ナイキ)」で一番人気なのが、最初のリリースから24年の時を経て、マニア待望の定番が復活したこちらのスニーカー。アイコニックなシルエットと大型のビジブルAirユニットを継承した、懐かしさのあるクラシックな一足です。鮮やかなピンクがアクセントになったスニーカーは、コーデ全体をトレンド顔に変身させてくれる頼もしい味方。
 

2. adidas(アディダス)のSUPERSTAR

atmos

SUPERSTAR 1万3000円(税抜)/adidas(アトモス)

「adidas(アディダス)」のスニーカーといえば、初めてオールレザーのバスケットボールシューズとして登場した「SUPERSTAR(スーパースター)」と、テニスシューズとして誕生して以来、世界一売れたスニーカーとしてギネス記録をもつ「STANSMITH(スタンスミス)」が有名ですね。

そんな、長年交わることのなかった二つのアイコンモデルが、ついに融合! こちらは、スーパースター生誕50周年に向けた夢の共演となっています。アッパーは、ホワイトにグリーンを効かせた伝統のカラーで、パーフォレーション仕様のスリーストライプスは「スタンスミス」そのもの。オールドバスケットシューズらしいソールは「スーパースター」仕様になっており、履き心地も抜群です。
 

3. FILA(フィラ)のZ BUFFER 2

atmos

Z BUFFER 2 7900円(税抜)/FILA(アトモス)

アウトドア感をおしゃれにデザインにした「FILA EXPLORE(フィラ・エクスプロア)」ラインの代表的なスニーカーがこちら。大胆なボリューム感とタフなイメージのアウトソールが目を引きます。また、デザイン性に長けたプラパーツを使用して独特な表情をみせるアッパーに、ペールピンクのカラーリングが融合して、女性らしいスタイリッシュな一足。国内ではアトモスだけの展開です。
 

4. asics(アシックス)のGEL-LYTE III OG

atmos

GEL-LYTE III OG 1万2000円(税抜)/asics(アトモス)

ここまで見てきても、やはりどのブランドもホワイトベースのスニーカーが、この春の売れ筋だということが理解できます。こちらは、「asics(アシックス)」ブランドのアイコンといっても過言ではない「GEL-LYTE III(ゲルライトスリー)」のOGカラーの復刻版。カラーリングだけでなく、「OGシェイプ」と呼ばれる当時のシルエットが採用されており、2020年に生誕30周年を迎えるゲルスリーの新たな歴史の始まりを予感させるスニーカーです。オレンジカラーが、コーデを華やかに彩ってくれます。
 

5. PUMA(プーマ)のRS-X3 SUPER

atmos

RS-X3 SUPER 1万3000円(税抜)/PUMA(アトモス)

2020年春夏コレクションのランウェイで目立ったのが、美しい自然を連想させるムード。その背景には、デザイナーたちのサスティナビリティへの意識の高まりが挙げられます。中でも、空や海、森をイメージさせるブルーやグリーンの色使いのスニーカーが人気となっています。

こちらの「PUMA(プーマ)」のスニーカーは、ボリューム感のあるシルエットと、ポリウレタンの反発性を生かしたクッションチューンで、非常に履き心地が良く、全世界的に人気の高いアイテムです。アッパーの各パーツを立体的に組み合わせたカラーブロックの提案やテクニカルな印象も持つ一足です。

以上、アトモスで、この春おすすめのスニーカーをブランド別に5つご紹介しました。これを参考に、ぜひ春もスニーカーのおしゃれを楽しんでみてくださいね!

【取材協力】
atmos(アトモス)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。