400×300

発売は昭和25年というロングセラー、米沢牛黄木のオリジナル商品「米沢牛すみれ漬け」


高いけどおいしい、山形の名産「米沢牛」。県民の私が、盆暮れに食べたくなるのが、米沢牛黄木の「米沢牛すみれ漬」です。

米沢牛黄木のオリジナル商品「米沢牛すみれ漬け」は、米沢牛を、味噌と酒粕を混ぜ合わせた漬け床に漬け込んだもの。適度に噛みごたえがあり、味噌の旨味と酒粕の香りで、芳醇な味わいに仕上がっています。

以前にお中元として頂戴して感動して以来、県外の友人や知人にもおすすめしています。みなさんにも是非食べてもらいたい一級品です。
   

フライパンで焼くだけ。ご飯にもお酒にも合う万能選手

400×300

漬け床の旨みと風味が直接お肉に伝わっている


フライパンを熱して油をひいて肉をのせ、片面を2~3分焼き、肉汁がしみ出してきたところで裏を返して軽く焼きます。

 
400×300

仕上げに醤油を少々まわしかけると風味が増す
 

焼き立てを薄めにスライスしていただきます。仕上げに醤油を少々まわしかけても、風味が増しておいしいですよ。

漬け床の旨みと風味がたまりません。ご飯のおかずに、お酒のおつまみに、白米にドーンとのせて、豪華なステーキ丼に。冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにも適しています。

 

漬け床を再利用すれば、二度楽しめる

400×300

残った漬け床を再利用した、大石さんのアレンジメニュー(※再利用する際は、保存環境・衛生面に充分ご注意ください)

 

我が家では、残った漬け床に、ほかのお肉も浸けて再利用しています。

写真は鶏のもも肉を2日間ほど漬け込んで焼いたもの。皮がパリパリ、中はふっくらジューシーでとてもおいしいです。

アレンジ自在、一度で二度おいしいすみれ漬け。お歳暮やクリスマスの贈り物に、年始のご挨拶の手土産にもおすすめです。
 
DATA
株式会社米沢牛黄木┃米沢牛すみれ漬 

賞味期限:発送日より30日
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。