大人女性におすすめ! 冬コーデにも最適なスニーカー5選

atmos

冬コーデにも活躍してくれるスニーカー

冬コーデの足元の定番アイテムといえば「ブーツ」。ですが、そこまで寒さが厳しくない日はスニーカーコーデも全然OK! ブーツと違って軽くて疲れにくく、アクティブに動きたい日にぴったりです。ブーツよりも脱ぎ履きしやすい点も◎。デニムといったカジュアルコーデにはもちろん、きれいめコーデのハズしアイテムとして冬だって大活躍してくれますよ。今回は、大人女性におすすめの冬に最適なスニーカーを5点ピックアップ! 早速、みていきましょう。
 

1. adidas(アディダス)のRIVARLY LOW(ライバルリー ロー) 

atmos

RIVARLY LOW 1万2000円(税抜)/adidas(アトモス)

スニーカー初心者さんにおすすめなのが、使いやすいブラック。様々なコーデに合わせやすいので、一足は持っておきたいものです。

こちらは、1980年代中期にバスケットボールコートを独占しただけにとどまらず、今なおファンの心を魅了してやまない「adidas(アディダス)」の「RIVARLY LOW(ライバルリー ロー)」。このバージョンは、柔らかいベルベットのアッパーがあしらわれ、靴紐の先にゴールドカラーのアグレット(靴紐の先端についているプラスチックや金属で作られた「ほつれ防止」のための覆い)を備えてラグジュアリーに仕上げられた一足です。カジュアルに履いても、どこか大人っぽく決まります。
 

2. NIKE(ナイキ)のW AF1 SHELL(W AF1 シェル)

atmos

W AF1 SHELL 1万7000円(税抜)/NIKE(アトモス)

ブーツのようなハイカットが、あたたかみを感じさせてくれて、冬に最適な一足。冬のスカートスタイルには、断然ハイカットスニーカーがおすすめです。こちらは季節に応じたアウターウエアをヒントに、機能性とスタイルを両立させたアイテム。撥水加工が施されたアッパーなので、雨や雪の日もさらりとした状態をキープしてくれます。ドローコードにより、足首にしっかりフィットしてくれるので、歩きやすいのが嬉しい。存在感のあるデザインなので、シンプルなスタイリングに合わせるだけで、おしゃれ度がぐっとアップします。
 

3. PUMA(プーマ)のRALPH SAMPSON LOW(ラルフ サンプソン ロウ)

atmos

RALPH SAMPSON LOW 1万2000円(税抜)/PUMA(アトモス)

ホワイトスニーカーは、きれいめコーデにも投入しやすく、冬の重ためコーデのアクセントになってくれる頼れる味方。「白は汚れが気になって……」というときは、履く前に防水スプレーなどでケアしておくのが得策です。

こちらは、バスケットボール界のレジェンドであるラルフ・サンプソン氏のシグネチャーデザインがスニーカーとして復刻。ソフトレザーのアッパー、足首まわりのパッディングが快適な履き心地です。サイドにゼブラ柄のハラコがデザインされており、今季のトレンドを押さえたスタイリッシュなルックスがおしゃれ度を加速してくれます。また、ラルフ・サンプソンのサインプリントがあしらわれるなど、ファンにはたまらないディテールも特徴です。
 

4. HOKA ONEONE(ホカ オネオネ)のCLIFTON 6(クリフトン 6)

atmos

CLIFTON 6 1万5000円(税抜)/HOKA ONEONE(アトモス)

数々の業界賞を受賞した「HOKA ONEONE(ホカ オネオネ)」の「CLIFTON(クリフトン)」シリーズの最新モデル「CLIFTON 6(クリフトン 6)」。軽量性、優れたクッション性、反発性を備えた人気ロードモデルが更に進化しています。快適なフィット感はもちろん、アッパーのステッチデザインが重量を増すことなく安定性を高めています。あまりの快適さに驚いてしまうかも。
 

5. UGG(アグ)のMiwo Trainer High CHESTNUT(ミオ トレーナー ハイ チェスナット) 

atmos

Miwo Trainer High CHESTNUT 2万4000円(税抜)/UGG(アトモス)

ムートンブーツでお馴染みの「UGG(アグ)」から、スニーカーが登場。スエードとフルグレインレザーを組み合わせたアッパーに、バリスティックナイロンのタン(靴ひもの内側に本体の布とは別にある、水分や汚物が内部に入ることを防止する舌のような布のこと)が特徴の一足です。ライニング(靴のアッパーの内側の素材のこと)に、7mmの天然ウールが施されており、寒さ厳しい冬でもあたたかさを実感できます。見た目にもぬくもりを運んできてくれる一足です。

以上、大人女性におすすめの冬に最適なスニーカーを5点ピックアップしました。これを参考に、この冬もコーデにスニーカーを投入してみてくださいね!

【取材協力】
atmos(アトモス)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。