400×300

秘伝のタレは添加物、保存料不使用


その存在は知っていても、食べたことのない人が多い「くさやの干物」。私も食べたことがなかったので、上京した際に築地市場で探してみました。そこですすめられたのが、120余年もの間「くさやの干物」を作り続けている吉山商店のもの。強烈な臭いとは裏腹に、ホクホクの身にお醤油をたらしてみるとご飯がどんどん進みます。日本酒をちびちび飲みながらおつまみとして食べるのもおすすめですよ。
   

老舗が作るアオムロのくさや

400×300

袋を開けると刺激臭が鼻をつく

くさやとは新鮮なアオムロ、サンマ、トビウオなどを魚醤というタレに漬けて干物にしたもので、東京は新島の特産品です。特にアオムロ(青むろあじ)が最高級品です。上京したおり、築地市場(現在は豊洲市場) に行き、鮮魚店を回りました。

お店のご主人がくさやなら絶対これとすすめてくれた、吉山商店の「くさやの干物」はくさやを作り続けて120余年の伝統あるお店の商品です。自宅で焼くと臭いので、焼いて瓶詰めにしたものもあると言われましたが、念願だった「アオムロのくさやの干物」を持ち帰りました。

 

七輪で香ばしく焼けば美味しさ倍増

400×300

地元新島や九州で獲れたアオムロを使用
 

400×300

焼きくさやの瓶詰やパックでの販売している
 


自宅や隣近所に配慮しつつ外で焼くことにし、七輪に炭をおこしてくさやの袋を開封しました。嗅いだことのない臭いにむせてしまうほどです。弱火で、皮7分(ぶ)身3分(ぶ)焼きます。辺りに強烈な臭いが立ち込め、焼けるに従って臭い中にも香ばしさが混じります。

見た目はただのアジの干物ですが、身の分厚さと香りは全く違っています。焼きあがると強烈な臭さはほぼ感じられず、炊き立ての五穀米と一緒に食べてみました。

 

左党もご飯党もコロリとまいる「くさやの干物」

400×300

炊き立てご飯にのせても、お茶漬けにしても良し


焼き立てのくさやに箸を入れると、ふわっと芳しい湯気がたちます。ホクホクの身をむしってご飯にのせて頬張れば、一口目で最早至福、噛みしめるほどに旨味を感じます。次にお醤油をタラリと垂らして食べれば、お醤油好き日本人にはたまらない味わいです。最後にお茶漬けにするもよし。

日本酒と一緒に飲めば、お酒がいくらあっても足りない、無限に酒が飲める肴になります

 

DATA
吉山商店 | くさやの干物
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。