戸建てから2LDKのマンションへ。引っ越しをしてわかった収納法とは?

戸建てからマンションに引っ越し

なるべく収納のための備品を買わずに済む方法を考えるのが大事です
 

夫の転勤を機に、家族4人で戸建てから2LDKのマンションに引っ越しをしました。不動産屋さんからは3LDKをすすめられたのですが、子どもにまだ個室は必要ないとなると、ひと部屋は物置き状態になることは容易に想像できました。それなら荷物を減らして収納を工夫すれば、2LDKでも十分だという結論に至りました。

まず引っ越しのために取り掛かったのは増えた荷物を減らすこと。そして限られた収納スペースに、荷物がたくさん入る仕組みを作ること。そこで意識したのは、収納のために何かを買い足すのではなく、不要なものをなくして今あるものを最大限生かすことでした。
 

 

減らしやすいものは「食器」。食器棚をDIYするのも手

戸建てからマンションに引っ越し

左は戸建ての時の食器棚、右はマンションに設置した食器&家電棚です
 

一番減らしやすいのは洋服ですが、あとから「捨てなければよかった」と思うのも洋服。引っ越し先で始末することも簡単なので、そこまで断捨離を頑張らなくてもいいと思います。

むしろ洋服よりも捨てにくく、増えてしまうものは「食器」です。家族が増えれば食器の数も増えますが、実は使っていないものも多いですよね。我が家もいざ引っ越しの準備をしたら、使っていない食器の多いこと!

厳選して選んだ結果、4人家族の我が家に必要な食器はニトリの「Nインボックス」8個分。せっかくならNインボックスも使いたいので、夫に食器棚をDIYしてもらうことにしました。

戸建てからマンションに引っ越し

食器をボックスに入れれば、食器の取り出しや移動も簡単です
 

まず入れたい食器や家電に合わせて高さを決めたら、底辺のない四角の棚を作り、それぞれを金具でつなぎます(一番下の段だけ底辺をつけて安定させます)。

金具を外せば個別で本棚や収納棚としても使えるし、引っ越しの際はネジを外して板として運ぶこともできます。今後も転居する可能性があるという方は、“食器棚を作る”という選択もアリだと思います。


 

収納の少なさをカバーするには、ボックスがぴったり納まる棚を置く

戸建てからマンションに引っ越し

左が戸建ての時の収納棚、右がマンションの収納棚。上部はパイプハンガーが通っているので、シャツの高さを考えて3段の収納にしました
 

マンションの収納スペースは仕切りが少ないので自由度は高いけれど、逆に高さをどう活かすかで収納力が大きく変わってきます。本来は可動棚の棚柱を取り付けるのがベストですが、賃貸の場合は壁に穴を開けることができません。そこでラックやカラーボックスを利用して、無駄なスペースができないように棚を置いてみます。
 
本棚として使っていたラックを置いてみると、IKEAのボックス「ヴァリエラ」が8個入りました。塗り薬や救急グッズ、電池や家電のコードなどの日用品は、ワンアクションで取り出せるようにするのがポイントです。

「ヴァリエラ」は戸建ての時から使っていたので、中身を入れ替えることなく、箱ごと移動するだけで作業が完了しました。
 

 

減らすにも限りがある本や書類。圧迫感なく収納できる工夫を

戸建てからマンションに引っ越し

左が戸建ての時の造り付けの本棚、右がマンションでカラーボックスを横にした本棚。コスパはカラーボックスの勝利です
 

いつの間にか増えているモノといえば「本や書類」。子どもの絵本や趣味の本、保険や学校関係の捨てられない書類も増えていきます。

本を捨てるのは簡単ですが、何度も読み返したい本は手元に置いておきたいもの。本はいつでも読めるようにリビングに置きたいので、空間に圧迫感のない方法で本を収納できる方法を考えてみました。

戸建てからマンションに引っ越し

ニトリのカラーボックス3段と4段を組み合わせています
 

圧迫感のない空間をつくるには、背の高い家具を置かないこと。なので、高さのある本棚はNGです。そこでニトリのカラーボックスを横置きして、本棚&収納棚にすることにしました(ちなみにカラーボックスなら、3つ購入しても7000円未満です)。
 

 

こまめに荷物の見直しをして断捨離のクセをつけて

戸建てだと荷物がたくさん収納できるので、つい不要なものまで所有してしまいがちです。そのうち手狭になり、家具を買い足していくと部屋はどんどん狭くなっていきます。マンション住まいの人の方が、本当に必要かじっくり考えてモノ選びをしているかもしれません。

住居は広ければ快適というわけではなく、工夫すればどこでも快適な暮らしができるはずです。まずは日頃から断捨離を心がけて、収納スペースをその都度見直していくことが大事ですね。我が家も「1つ買ったら1つ手放す」を心がけて、マンション生活を楽しみたいと思います。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。