bag2

スーパー銭湯や健康ランドも楽しいけれど、昔ながらの銭湯も捨てがたい


ジメジメした気分になりがちな梅雨の季節。スポーツやレジャーで気分転換したいと思っても、天気に振り回されて思い切り楽しめないこともありますよね。そんなときにおすすめのエンタテイメントが「銭湯」です。

サウナー(=サウナ愛好家)を自認する私は、週に3回程度、銭湯に通っています。雨が降る中の露天風呂も乙なもの。サウナの料金込みでも700円程度で、手軽にリフレッシュしています。

ただし、大規模な入浴施設と違って、シャンプーや石けんは自分で持っていかなくてはならないのがポイント。

ジムに行くときのようなスポーツバッグを持っていくほどでもないし、かと言ってビニール袋ひとつも気が引ける……という方におすすめなのが、Sumnaconのビニールバッグ。お風呂グッズを詰めてスタンバイさせておくことで、いつも私は「銭湯態勢」なんです。

 

 

お風呂グッズを入れるのにちょうど良いサイズ

 
bag1

仕切りポケット付きで、必要なものがすぐ見つかる

 
愛用している理由は「ちょっと出かける」のに絶妙なサイズ感。私がいつも持っていく、バスタオル・フェイスタオル・シャンプー・ヘアトニックがちょうどよく収納できる大きさです。コンパクトながら、必要に応じてコンディショナー・石鹸・ブラシを追加できるくらいの余裕もあります。

大きすぎず小さすぎない仕切りポケットが、たくさんついているのも便利。お風呂の中に持ち込むわけではありませんが、スマホがぴったり納まるポケットもありがたいです。

リュックやトートの中にバッグインバッグとして入れたり、車の中に置いておくという手もあります。

 

ビニール製で、濡れたタオルを入れても気にならない

 
bag3

ファスナー付き仕切りが2つ、両側にさらに仕切りが5つ


さらに、濡れても気にならず、汚れを落としやすいビニール製なのも、銭湯バッグとしては嬉しいところ。使用済みのタオルは、ファスナー付きの仕切りポケットにしまっておけて安心です。

デザインは至ってシンプルで、カーキ、グリーン、ブルーの3色展開。特にミリタリー風のグリーンは、男性も使いやすいカラーです。1000円を切るお手頃価格なので、用途別に色違いで買うなんてことも。

近所の銭湯に行くだけなら、このバッグひとつで十分。憂うつになりやすい梅雨の季節こそ、ゆっくりお風呂に浸かってリラックスしてみてください。

 

DATA
Sumnacon|ビニールバッグ
材質:透明PVC
寸法:28cm x 16.5cm x 9.5cm
カラー:カーキ、グリーン、ブルー
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。