公共施設のトレーニングルームなら1回300~500円

貯蓄や投資にあてるお金のことを考えると、趣味や習い事への出費は抑えたいところです。健康づくりやストレス発散にも最適なスポーツジムは、民間のスポーツクラブの場合、利用料は月1万円前後のところが一般的です。月に何回も通えるならばお得かもしれませんが、仕事やプライベートで忙しい時期など、なかなか通えなくてセレブ会員になってしまった……ということもあるでしょう。
 
それなら1回あたりの金額が格安で、行きたいときに手軽に通える、公共のスポーツジムを利用するのがおすすめです。確かに民間のスポーツクラブに比べると、施設面では見劣りするかもしれませんが、器具の使い方やトレーニング方法などは、指導員がアドバイスしてくれるので、本来の目的はバッチリ達成できるはずです。
 
都内の公共ジムの場合、トレーニングルームの利用は1回あたり300~500円というコストの安さが魅力です。利用できるのは在住者や在勤の人に限られる区もありますが、中央区や千代田区の場合は、区民でなくても利用が可能です。
 
トレーニングルームの利用料は、中央区総合スポーツセンターは1回400円、千代田区立スポーツセンターは区民が1回300円、それ以外が500円で、10回ごとで11回使える回数券となっています。
 
利用時間は、中央区総合スポーツセンターが7時から21時30分まで(トレーニングルーム・プール・ゴルフ)で、休館日は第3月曜と年末年始のみ。千代田区立スポーツセンターは9時から21時まで(日曜祝日は17時まで、いずれもトレーニングルームの場合)、休館日は第3月曜と年末年始となっています。平日も夜遅くまで利用できるので、会社帰りに通うこともできます。
 
また、どちらもトレーニングルームのほか、プール、ゴルフ練習場も完備されているので、気分に合わせていろいろ楽しめます。なお、プールやゴルフ練習場は別料金で、利用時間も異なる場合があるので、詳しくはホームページを参照してください。
   

人気のヨガ、ピラティスが1回400円の公共施設も

実は公共施設では、女性に人気のヨガやピラティス、エクササイズなどのプログラムも充実しているのをご存知ですか?
 
例えば、新宿未来創造財団が運営するスポーツプログラム「レガスポ!」は、ダンス、ヨガ、骨盤体操、太極拳など、1回から気軽に受けられるプログラムを40講座用意しています。新宿コズミックセンターで行われていて、誰でも受けられ、事前予約は不要。レッスンは週1~2回で1時間ほどで、1回400円と格安です。6枚で2000円の1回分お得な回数券もあります。
 
中央区総合スポーツセンターの場合は、スポーツ教室を開催していて、ヨガやピラティス、ズンバ、キックボクシングエクササイズなど、豊富なプログラムがそろいます。教室はいずれも全6~10回程度で、ピラティスの場合は6回で3600円、ヨガが11回6600円などと、どちらも1回あたり600円で受講が可能です。

どれも1クラス30人前後となっていて、レッスンは週1回で1時間ほど。こちらはハガキでの事前申し込みが必要です。なお、事前申し込みなしで1回だけでも参加できる自由参加教室もあり、こちらは1回600円となっています。
 
また、千代田区立スポーツセンターでは「すぽすた ちよだクラブ」の会員になると、月会費のみでトレーニングルームとプール、会員限定スタジオプログラムなどを利用することができます。スタジオプログラムはヨガやピラティス、ズンバ、キックボクシングエクササイズなどがあり、週1回で1時間ほど。登録料は500円で、月会費は区民が4000円、それ以外の人は5000円。すべて通えてこのお値段は断然お得です。
   
これらの施設が会社や自宅の近くにあれば、ぜひ内容をチェックしてみてください。
 

習い事やレジャーも自治体のスクールを利用すればリーズナブル

仕事はもちろん、プライベートでも身に付けたい習い事と言えば英会話。ただし、通常のスクールだと費用はけっして安くはありません。でも、公共施設のカルチャースクールなら、低価格で利用できてお得です。

さきほども紹介した千代田区の「すぽすた ちよだクラブ」の会員になると、英会話、中国語、料理、ハンドメイドなどのスタディプログラムも、月会費のみで利用できます(一部材料費別途)。いずれも事前予約が必要ですが、英会話の場合、全6回程度でテキスト代2160円が必要ですが、スポーツ施設込みの利用料なのは魅力です。
 
ほかの自治体でも、習い事教室や講座を開催しています。気になる人は自分が住んでいるまたは会社がある自治体のホームページや広報誌をチェックしてみるとよいでしょう。
   

プラネタリウムや映画も楽しめる

レジャーも公共施設を活用すれば、コストを抑えて楽しむことができます。「コスモプラネタリウム渋谷」は渋谷駅から徒歩5分の、渋谷区が運営する施設です。平日は12時~20時(月曜は休館)、土日祝日は10時~20時まで開館しているので、会社帰りにふらっと立ち寄ることもできます。観覧料は600円で、観覧券を6枚集めると1回無料になります。
 
「新宿コズミックセンター」のプラネタリウムでは、季節ごとの番組プログラムを公開しています。土日で1日3回の投影と日時は決まっていますが、誰でも利用できるうえ、観覧料は300円と低価格で楽しめます。これらの施設を会社帰りや休日に利用して、リフレッシュしてはいかがでしょうか。
   
また、少し昔の映画を見るなら、DVDを借りるのではなく、図書館で観賞するという方法もあります。新宿区や港区、板橋区などの図書館では、無料で映画の上映会を行っています。誰でも見られて料金は無料です。見逃した映画をお得に楽しむなら、こうした公共施設を活用するのもアリ。上映時間や日程は各ホームぺージで最新情報を確認しましょう。
   

休日の旅行も公共の宿でお得にリゾート

休日の宿泊も公共施設を利用すれば、お得にリゾートが楽しめます。それぞれ区の保養施設があり、通常よりも割安価格で泊まることができるのです。
 
例えば港区では通年・夏季・冬季でそれぞれ利用できる保養施設があり、通年利用できる「熱川プリンスホテル」は、大人1泊2食付きで7020円から泊まることができます(予約は2人から)。抽選申込みと空き室申込みがあり、抽選申込みの利用は港区在住者が対象で、テレホンサービスや保養施設予約システム、抽選申込みはがきで、申し込みをするシステムになっています。空き室申込みの場合は、区内で勤務している人も対象になります。
 
目黒区の場合は「契約保養施設」と「協定保養施設」に分かれていて、区民はどちらも割引価格で利用可能です。箱根の契約保養施設「ホテル花月園」の場合は、直接ホテルに電話をして目黒区の保養所利用であることを伝えると、通常は平日大人1泊2食付きで1万1880円のところを、目黒区の補助額大人3000円を差し引いた自己負担8880円で泊まることができます。利用申し込みは先着順です。協定保養施設は目黒区民用の協定料金で泊まることができて、伊豆、熱海、京都、湯布院などと宿のバラエティーも豊かです。
   
いかがでしたか? スポーツ施設や習い事、レジャーも、公共施設を活用すれば、お手軽に格安で楽しむことができます。まずは自分の住んでいる街や勤務先の街で、こうした公的サービスがないか探してみるとよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。