ビットコイン・コア0.16.3を緊急リリース

 9月18日、ビットコインを利用するためのオープンソース・ソフトウェアの最新バージョン、ビットコイン・コア(Bitcoin Core)0.16.3が緊急リリースされました。これは0.14から0.16.2のバージョンで発見された脆弱性への対応措置となります。
 
ビットコインのソフトウエアのアップデート

ビットコインのソフトウエアのアップデート

 
今回発見された脆弱性は、故意に同じコイン(インプット)を複数回を使用するなどの不正なブロックをマイニングして配布させて、その処理(検証)を行おうとするとノード(ネットワークに参加している端末)がクラッシュするという深刻なものでした。
 
元々のブロックが不正なものであることから取引も無効となるので、マイナーにメリットがないことから実際に行われることはあまり無いといわれる攻撃でしたが、悪意の第三者がその気になった場合にはネットワーク全体をダウンさせることもできたのではないかと言われるほどのバグでした。
 
ビットコイン・コアの開発陣は、不正ブロックの生成そのものをはじめから却下する処置を施す等、脆弱性の解消に成功したと安全性を宣言しています。
ビットコイン・コアは、ビットコインユーザーの多くが使用・採用しているソフトウェアだけに、今回の素早い対応は非常に重要であり、歓迎されています。

 

ビットコインの安全性を守り高めていくために

 10月3日、ビットコイン・コアは0.17.0へのアップデートを公開しました。詳細はこれから大きく報じられていくと思いますが、コイン・セレクション実装などによる取引の効率化やウォレット関連の利便性アップなどに注目が集まっています。
 
仮想通貨流出事件が続いて仮想通貨へのネガティブな面が再びフォーカスされていますが、その一方で今回のビットコイン・コアのように、仮想通貨取引をより便利で安全で価値あるものにするための技術のアップデートは続いています。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/12/1~2021/12/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。