CTRの意味

CTRとは、Click Through Rateの略で、リスティング広告などが表示(インプレッション)された数、つまりインプレッション数においてクリックされた数の割合(クリック率)を示したものになります。
 
Google広告などのリスティング広告では「クリックされる=訴求力のある広告」ということができ、リスティング広告等を運用する際には重要な指標となります。
 
またGoogleサーチコンソールでは検索結果でどれくらい表示され、CTRはどれくらいあったのかなども分かるため、検索結果上でのページタイトルやディスクリプションの設定が適切であるか?などという検証にも利用できる数値となっています。
CTR クリック率 Googleサーチコンソール

サーチコンソール上でクリック数とCTRを表示した例。特定のキーワードで検索結果に表示された際のCTRが一目で確認出来るためページタイトルやディスクリプションがユーザに対しての訴求力があるかなどの解析に役立つ

 

CTR(クリック率)の計算式

CTR(クリック率)= クリック数 ÷ 表示回数 (×100)
 
例:500回表示(インプレッション)された広告が60回クリックされた場合

60回(クリック数) ÷ 500回(表示回数) ×100=12%
 
となり12%のクリック率であることがわかります。
  

CTRと検索順位との関係は? 検索順位別CTRの平均データ(2017年度版)

米国のInternet Marketing Ninjas社が調査した2017年度の検索順位別のCTRは以下の通りとなっており、検索結果に表示される順位が1~3位までのコンテンツはとびぬけてCTRが良いですが6~10位までは、さほど開きがないという結果になりました。
CTR クリック率 検索順位 影響 SEO

検索順位別クリック率(CTR)の平均データ2017年度版

1位        21.12%
2位        10.65%
3位        7.57%

4位        4.66%
5位        3.42%
6位        2.56%
7位        2.69%
8位        1.74%
9位        1.74%
10位      1.64%

【引用】
https://www.internetmarketingninjas.com/additional-resources/google-ctr-white-paper.htm
Google Organic Click Through Study | Whitepapers by Internet Marketing Ninjas
 

クリック数を増やしCTRを上げるポイント

そのタイトルやスニペットにユーザーの求めているものが含まれているか?
Googleなどの検索エンジンでの検索結果においてクリック数を増やす、すなわちCTRを上げるための方法としてはページのタイトルやディスクリプションなどがユーザーの探し求めている内容となっているか?興味を引くようなキーワードが含まれているか?などがポイントになります。
CTR クリック率 タイトル スニぺット ディスクリプション SEO 影響

タイトルやディスクリプションもCTRに影響する

またスニペット部分は通常HTMLの「meta」要素の「description」属性部分が表示されますが、設定されていない場合はページの内の検索キーワードを含んだテキストから自動で抽出されます。その場合文字数制限の関係から文章の最後のほうで途切れたり、うまく本意が伝わらない文章となりますのでCTRを向上させるためには注意して設定する必要があります。
 
WordPressなどでウェブサイトを構築している場合はデフォルトでは「meta」要素の「description」属性の設定ができないため、前述の通り検索エンジンが自動で抽出した内容となります。
 
よりCTRを向上させるためにはSEO系のプラグインを使用しdescriptionの設定を細かに行うことも必要です。

【関連記事】メタタグとは? SEOにも重要なmetaタグの意味と書き方