フリンジとは? 2018年秋冬トレンドの「新ボヘミアン」にもマッチ

秋冬トレンド、フリンジアイテム

秋冬トレンド、フリンジアイテムに注目!


2018-19年秋冬シーズンの見逃せないおしゃれディテールに、「フリンジ」があります。

フリンジ(fringe)とは、たくさんのひもや細帯を短冊やすだれのように垂らした飾りのこと。ウエスタンシャツの袖に、馬のたてがみ風にあしらったイメージでもおなじみ。動きに合わせて揺れ動くフリンジはおしゃれを華やぎを添えてくれます。

ウエスタン、フォークロア(民俗調)などの雰囲気を加えた「新ボヘミアン」のトレンドにもマッチするから、今秋冬はフリンジを取り入れて、着姿をアクティブに飾ってみては。

今回は、この秋冬に「買い」のフリンジ3アイテムと、おすすめのフリンジの取り入れ方を3つ紹介します。

 

フリンジストールでシンプルコーデに動きプラス

フリンジストール

風に遊ぶフリンジがのどかな雰囲気 (c)Rie Miyata


フリンジ初心者におすすめしたいのは、ストールの端を細ひも状にした生かし方です。シンプルな服に肩掛けするだけで、リズミカルに遊ぶフリンジが装いに動きを添えてくれます。気負って見えにくくなるのも、自由なイメージのあるフリンジのいいところ。

マントのように肩から羽織ったり、マフラー風に巻き付けたりと、アレンジを変えると、フリンジの居場所も変わって、着映えにバリエーションが出せます。いつもの定番デニムルックにさっそく添えてみて。

 

フリンジバッグで優美にフェミニン感を上乗せ

フリンジバッグ

長めのフリンジをあしらって「見せるバッグ」に変身 (c)Rie Miyata


フリンジをあしらったバッグも増えてきました。やわらかい動きがフェミニン感をアピールできるので、フリンジバッグはおしゃれのムードメーカーになってくれます。とりわけ、小ぶりのバッグで取り入れると、揺らめきが大きくなり、さらに優美な見え具合に。視線をキャッチするから、装いのスパイスにうってつけ。

服への取り入れにためらう人も、バッグならピンポイントで試せます。BOHO(ボーホー=自由奔放なボヘミアン)感やワイルドさが加わるフェミニンスタイルに注目です。

 

フリンジ服の縦落ちを生かしてスレンダーな着映えに

 
フリンジジャケット

落ち感を引き出すフリンジがほっそりしたイメージに (c)Rie Miyata


フリンジ使いに慣れてきたら、いよいよジャケットやシャツにトライ。フリンジが効果的なのは、胸元、裾、袖。目立つ位置に迎え入れれば、今年らしいボヘミアンルックに仕上がります。しかも、縦落ち感が出る分、ほっそりした着映えに。レザーやデニムとも相性がよいので、試しがいがあります。

歩くたびに揺らめくから、ジャケットやシャツ以外にも、スカートの裾は生かしやすいポジションです。秋冬ルックは単調に見えがちですが、フリンジのおかげで、あでやかなムードに様変わり。

 

「買い」のフリンジ3アイテム、それぞれのメリット

・フリンジストールは、アクティブな気分がプラス
・フリンジバッグは、女性らしい装いのスパイスに
・フリンジ服は、細見え効果とあでやかムードに


フリンジは若々しさや元気感も印象づけるので、着姿を退屈に見せません。「着るアクセサリー」といった感じで、服やバッグと一体化している分、コーディネートにも生かしやすいでしょう。ほのかにグラマラスやリッチ感も添えてくれるから、秋トレンドのツールとして取り入れてみてくださいね。

【関連記事】
2018-2019年秋冬はどうなる?ファッショントレンド予測
秋まで使える!シャツの新鮮コーデテクとおすすめ
秋に買いなのは英国風「チェック柄」3アイテム
秋アウター必勝法!マストハブ6着の最新コーデ
2018年秋オフィスファッション3大トレンドで一新

【ガイドの最新情報】
宮田理江 公式サイト「fashion bible」

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。