夏こそ使える!シャツの着回し&新鮮コーデ

シャツの新鮮コーデ

シャツの新鮮コーデ


暑さの盛りですが、シャツを上手に使えば、1枚で涼しく過ごせます。シャツ特有の「きちんと感」を生かすことで、夏場にありがちなルーズな着姿イメージも避けられます。

レイヤードルックが盛り上がりそうな2018年~2019年の秋冬シーズンの注目アイテムにも位置付けられているシャツは、夏のうちから味方につけておくことをおすすめします。オーバーサイズやストライプ柄、英国調チェック柄などのトレンドを取り入れれば、シャツルックを新鮮に見せられます。

 

「白シャツ」はとろみを生かして落ち感を演出

白シャツ

ゴールドのチェーンベルト、クラシカルなシューズがシャツルックに気品を添えています。(c)Rie Miyata


とろみ系の白シャツはしなやかな風合いが上品で、優しいムードを醸し出してくれます。自然な落ち感がノンシャランな着姿に。前を大きく開けて、レースキャミソールをチラ見せ。袖はロールアップし、裾は正面だけをウエストインしてこなれた雰囲気に。

堅苦しく着ない「崩し」の小技を駆使して、フェミニンなムードを演出しましょう。とろみ系シャツは落ち感を操っているおかげで、着痩せして見えるのもうれしいところ。首にはプチスカーフをチョーカー風に巻いて、さらに細感を引き出しています。

 

「ストライプ柄シャツ」はオーバーサイズ×縦長シルエットに

ストライプ柄シャツ

ストライプ柄シャツのコーデは色数を抑えて、すっきりシャープにが鉄則。(c)Rie Miyata


細いストライプ柄のシャツはクールな着映えがサマーシーズン向きです。マニッシュなムードやまじめな雰囲気が漂いますが、少しオーバーサイズ気味に着ると、堅さが取れて、こなれた着映えに仕上がります。

袖丈が余って、手の甲が隠れるサイズ感が愛らしい風情を帯びました。最近はメンズシャツを着こなす女性も現れています。ゆるっとまとったシャツに、パンツのベルトを垂らしてリラクシングな気分を上乗せ。全体的に縦縞と調和させて、縦長シルエットを際立たせるテクニックです。

 

「チェック柄シャツ」はレトロと英国テイストできれいめに

 
チェック柄シャツ

チェック柄シャツをワンピース風に着こなしてキュート感もアピール。(c)Rie Miyata


チェック柄のシャツには様々なパターンがありますが、近頃人気なのは、ヴィンテージや古着を思わせるような表情のチェック柄です。英国伝統の古風なモチーフがシャツルックにクラシックで懐かしげなムードを添えてくれます。

シャツに写し込むと、シャツ特有の「きちんと感」とのミックスで、一段と英国テイストが引き立ちます。格子が大きめのタイプ、マルチカラーのチェック柄など、バリエーションがさらに広がりを見せています。レトロ感や英国テイストを帯びたチェック柄を選べば、1枚で着ても、秋先取り気分のシックなイメージを打ち出せます。
 

「買い」の3アイテム、それぞれのメリット

・白シャツは、ゆるコーデでノンシャランな着姿に
・ストライプ柄シャツは、縦長シルエットが簡単に
・チェック柄シャツは、レトロ風味で秋先取り気分に


シャツは身近なウエアですが、サイズや生地・柄の選び方、裾・袖のアレンジなどで、着映えが様変わりします。同じシャツをオンとオフで別ムードに着回すスタイリングも組み立てられるから、コーデのレパートリーをもっと広げていきましょう。

【関連記事】
白シャツをもっとヘビロテ! 出番が倍になるテク×10
「白Tシャツ=手抜き」は卒業 おしゃれに見せる小技
ストライプ柄で涼やかスレンダー 細見えコーデの秘訣
ボーダーコーデ2018夏。マルチカラーや太めに注目!
夏に買い!実は長く使える、レースアイテムの着こなし

【ガイドの最新情報】
宮田理江 公式サイト「fashion bible」

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。