<INDEX>
・全館空調とは?
・全館空調のメリットとは?
・全館空調のデメリットとは?
・全館空調の費用はどのくらい?

 

全館空調とはどんな設備?

全館空調 快適

全館空調で快適な空間を
 

全館空調とはどんな季節も、一年中、家じゅうを快適な温度や湿度に保つ空調設備です。部屋ごとに空調を用意し、必要に応じてオンオフする従来の空調とは異なり、家全体の空気を快適に保ちます。
 

全館空調を導入するメリットは?

①部屋ごとの温度差を感じず家全体の温度が快適に
玄関から家の中に入るとすぐに快適な温度の空間が待っています。洗面室や廊下も快適な温度になりますので、部屋間の移動でも温度差を感じにくく、ヒートショックなどもおこしにくいのが魅力です。

室温分布図 パラディア デンソーセールス

室温分布図 パラディア デンソーセールス


分布図により、吹抜けなどの大空間は、ルームエアコンなどだと同じ室内でも温度差が出やすく、全館空調の場合はほとんど温度差がない空間になっていることがわかります。足元は寒いけれど、頭は暖かいといった従来の空調の欠点をほぼ解消しています。
吹抜 大空間

吹抜のある大空間の例

 

②湿度のコントロールでさらに快適!
換気機能や除湿機能を持つ商品が多いため、温度管理だけでなく、空気清浄や湿度の面でも快適な空間が実現します。

③インテリア、エクステリアを邪魔しない

全館空調の家

全館空調の家

従来型ルームエアコン 家

従来型ルームエアコンの家

このように全館空調の場合は、インテリアを損なわないすっきりとした空間に仕上がります。また、室外機もルームエアコンと比べて数が少なくて済むので、エクステリアもすっきりと仕上げることができます。
 

全館空調のデメリットとは?

空気の流れイメージ パラディア デンソーセールス

空気の流れイメージ パラディア デンソーセールス

空調機器本体やダクトを天井内に施工する必要があるため、ダクト設置スペースを設けるなど、ルームエアコンと比較して大がかりな施工が必要となります。そのため、導入費用も大きくなることが多いです。
 

全館空調システムにかかる費用はどのくらい?

全館空調 費用

全館空調の費用


①設備導入にかかる費用
建築プランや断熱仕様等により異なるため、空調プランを作成してもらったうえでの、見積確認が必要となります。

②ランニングコストとしての電気代費用
電気料金プラン、建物性能、使う人の設定温度や使い方、外気温度等に影響を受けるため、一概にはいえませんが、目安は以下の通りです。

年間電気代の目安:9万円~12万円
8月・2月といった冷暖房の使用量が多い月と、5月・10月といった気候がよい時期では、電気代に差が生じます。
※1年間消費電力の目安は3,000~4,000kWh、電気代単価を30円/kWhとした場合の試算
(参照:パラディア デンソーセールス)

全館空調についてご紹介しましたが、いかがでしたか?家じゅうが快適な温度であるということが、身体にはどう感じるものなのか、実際に全館空調が設置してある展示場などに出向き、体感されてみるのも一つの方法だと思います。

一年中、家じゅう快適な空間をぜひ検討してみてくださいね。

参照:㈱デンソーセールス パラディアサイト http://paradia.jp/



注文住宅をカタログで徹底比較!

LIFULL HOME'Sで注文住宅のカタログを探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。