LINEWORKSとは?

LINEWORKSとは?


LINE WORKSとは、LINEの兄弟会社であるワークスモバイルジャパン社の提供するビジネスチャットツールです。2017年の提供開始以来、既に1万社以上で導入されています。

LINE WORKSはLINE同様に使えることがウリですが、LINEユーザーがLINE WORKSを利用するときの注意点について紹介します。
 

LINE WORKSと他のビジネスチャットツールとの違い

ビジネスチャットツールには、LINE WORKS以外にもチャットワークス、Slack、Skypeなど多数のツールがあります。その中でLINE WORKSの特徴は以下の3つです。
 
  1. LINEそのままの操作性で、利用のハードルが低い
  2. スマホファーストの機能・操作性
  3. 会社利用に合わせたセキュリティ
 

1. LINEそのままの操作性で、利用のハードルが低い

通常のビジネスチャットツールは、操作に慣れるまで時間がかかることも多いですが、LINE WORKSの操作はLINEとほぼ同じ。LINEの操作性は多くの人が慣れているため、ITリテラシーがそこまで高くない人でも、導入と同時に使いこなせます。

LINEコミュニケーションの大きな特徴である「スタンプ」はプリセットで入っているもののみが使え、自由にダウンロードして追加することはできません。
LINEのスタンプ

スタンプはプリセットで入っているものが使える

 

2. スマホファーストの機能・操作性

LINE WORKSを導入しているのは8割が中小企業。その理由はスマホ利用に焦点があてられており、外回りの多い営業担当者や美容サロン・飲食業のスタッフなど、PCを常に手元に置いているわけではないスタッフが多い業種に支持されています。
 

3. 会社利用に合わせたセキュリティ

通常のLINEを仕事で使うときの最大の不安点が、スマホの紛失、誤送信などのセキュリティ対策。LINE WORKSではこうしたセキュリティ対策が強化され、トーク履歴を管理するなどの機能もついています。
LINE WORKS

管理者権限で利用者ごとに使える機能やログを管理できる

 

LINEにはなく、LINE WORKSにはある機能

LINEにはなく、LINE WORKSだけで使える機能を紹介します。
LINEとLINEWORKSを比較

LINEとLINEWORKSを比較

  • グループウェア機能
グループウェアとは、スケジュールやタスクなどの共有、コミュニケーションを目的としたソフトウェアのこと。LINE WORKSには、トーク機能以外にも、掲示板・メール・スケジューラーなどのグループウェア機能があります。スケジューラーには、会議室の予約機能も搭載されています。
LINE WORKS

LINE WORKSのカレンダー機能

 
  • 「既読/未読」のトーク相手を特定
LINEの大きな特徴に相手がメッセージを読んだのかがわかる「既読/未読」表示があります。LINEグループの場合、既読/未読の人数は把握できても、誰が未読なのかまでは把握できません。一方、LINE WORKSでは「未読のトーク相手」を特定でき、個別にリマインドすることができます。
 
  • 保存ファイルの容量が大幅アップ
LINEでのファイル共有では、Keepやノートを使う方法(リンク)がありますが、保存期間やファイルの大きさには制限があります。LINE WORKSでは、プラン(有料)によってドライブの容量が大幅にアップし、容量を気にせずファイル管理に使えます(ドライブの容量はプランによって変わります)。
 

「ビジネス専用のアカウント」が一番のメリット!

LINE WORKSとは?

LINE WORKSとは?

何より、多くの人にとって、プライベートのLINEとは切り離した「ビジネスに特化したLINEアカウント」を持てることが大きなメリットでしょう。

LINEは1端末1アカウントが基本で、複数アカウントを持てません。ビジネス専用のLINE WORKSアカウントを持つことによって「仕事相手にプライベートのメッセージを送ってしまう」といった誤送信を防ぎ、結果としてセキュリティアップが期待できます。

一方、無料で使えるLINEと異なり、LINE WORKSは「有料ツール」です。1ユーザーごとに上記の利用料金がかかり、プランによって使える機能が変わります。

スマホユーザーの8割がLINEを使っているという調査もあり、その操作性を踏襲するLINE WORKSは利用のハードルが低いのが最大の特徴だと言えるでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。